在宅勤務、テレワーク
たまたまなんですが、2日続けて、在宅勤務、リモートワーク、テレワーク関連のことを考える機会がありました。

今日はあるセミナーだったのですが、テーマがもろにそれでした。いろいろと先進的な話題があり、役所の方なども見えていたのですが、どうもなぁという、しっくりといかない感じです。カフェでモバイルワークをやるとセキュリティの面から問題があるので、カラオケボックスでやるのはお勧めです、的な話もありましたが、カラオケボックスで仕事するなら、会社来ればいいじゃん、と思ったりしてしまいます。週に2回とか、月に2回とか、半端にやるのではなく、もう社員が遠隔転居して毎日テレワーク、ってくらいやれば、地域が再興されて日本が変わるような気がしますが、人口が減れば東京もさらに職住近接が実現されるでしょうから、制約のある人は別にして、半端なテレワークってなんなんだろうなぁと感じた次第です。

というの背景には、昨晩のITダイバーシテイの会での各社との情報交換があります。各社こぞって、オフィスを快適な空間にする努力をしています。どちらかというと、テレワークとは逆の方向性に向き、みんなで集まって愉しく激しくイノベーション起こそうよ、という方向なのかなと思います。楽天さんの本社はクリムゾンハウスという名前ですから、何と言ってもハウス、おうちなんですよ。家!。会社が家と名乗るとなると、では在宅勤務って何?という話になります。そもそも会社が住宅街に行っちゃったんですしね。ヤフーさんなんかは、毎月2日間、どこでも勤務がてきる制度を作っていますが、その究極は、どこでも勤務をみんなが会社でやりたくなることなんだそうです。そんな会社にすることなんだそうです。素敵なコンセプトですよね。ある会社では社員に在宅勤務の希望のアンケートをとったら、中年以降の人の支持率は結構あったけれども、若手はこぞって反対だったそうです。

世の中、さまざまなうねりが同時並行で生まれています。

DSC_3710.jpg
※明日、クロコダイル、行く人いる?


関連記事
スポンサーサイト
【2015/11/05 23:49】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<引継書 | ホーム | 本気になった経験 ~就職活動ごときで学生が成長するなんて…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2150-76188d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |