FC2ブログ
大学に行くのも大変みたいです
独立行政法人日本学生支援機構が、2006年度学生生活調査の結果を発表しています。

学費はここ数年右肩上がりでアップしているのに対して、学生の生活費は右肩下がり…、つつましい生活を学生は余儀なくされています。国立大学の学費は私立大学の1,323,200円の半額程度ではありますが、654,100と結構な金額になっています。これに生活費846,800円を加えると、一年間に 1,500,900円が必要であり、国立大学に行かせるのも相当な出費です。このうちの家庭からの仕送りが約7割とのことですから、親の負担は月に10万円近くですね。もちろんこれは平均的な数値であり、下宿生であれば平均を相当に超えていることでしょう。

次に、学生の家庭を収入別に5段階に分けた調査によると、前回調査(2004年度)に比べて最も収入の低い層(488万円以下)の割合が特に国立大学で顕著に減少しているというデータが出ています。前回調査(2004年度)比で、国立が8.7ポイント減の17.1%、公立が6.3ポイント減の22.6%、私立が7.0ポイント減の16.1%となっています。逆に最も収入の高い層(1090万円以上)では国立大学は微増です。国立大学ですら、相当に親の年収がなければ、進学がおぼつかないという現実が近づいているということになります。片や奨学金使用率も減っているようですが、本当に学びたく、優秀な人には何か支援が必要な状態です。ただし、大学全入の時代を迎えて、どの人がそうなのかがうまく公平に区分できないのが難しいところです。


※《2008年8月16日》 午後は大雨との予報なので、ちょっと出かけたのですが早く帰ってきましたが、なかなか振りませんでしたねぇ。夜はひどいことになりましたけど。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/08/16 23:58】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<問題の「発生」「発見」「発掘」 | ホーム | ちょっと整理です…8月前半編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/216-7ce49e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |