学び続けることは人生最大のセーフティネット
いまだに資格取得熱は冷めません。
取得の努力はけして否定するものではありません。
ただ、いろいろと思いはあります。

新卒採用のエントリーシートをみても、さまざまな資格の名前がならびます。
多くは超難関資格ではなく、そこそこやればできる資格です。
資格は何となく人を助けるような気がしますが、
独占的業務を保証するタイプの資格でない限り、あまりそれで職を得ることは難しいです。

資格とかけて、足の裏についた米粒ととく、という小話がありますね。
そのこころは、とらないと気になるけど、とっても喰えない、です。
まさに、そのとおりなのかもしれません。

資格については、その取得しようとした目的・思いと、取得までのプロセスが大切です。
面接などで、これがきちんと語れないと、かえって羅列された資格はマイナスにすらなりかねません。

取得した資格自体にはあまり重みはないですが、
学習する習慣、新しいことを学ぶ力、学び続ける力というのはとても大切です。

新しい環境で仕事をする、新しい担当を任せられる、
こんなときに新しいことを学び続けることができるかどうかは実に大切です。
自ら、きちんと学び、新たな環境に適応できるかはとても大切です。

資格はけしてセーフティネットにはなりませんが、
学び続けることができる力を持つことは、
変化の早い今を生きる私たちにとっては、最大のセーフティネットなんだと思います。

1448179652152.jpg



関連記事
スポンサーサイト
【2015/11/22 23:55】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大阪万博の未来観からブレードランナーの未来観へ | ホーム | 大過なく……>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2167-125c6e24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |