「学習の定着のしやすさ」を示す「Learning Pyramid」
1448461395815.jpg

3回目のインタラクティブ・チーティングを今度はちゃんとやろうかなと思ってやってます。

その第1週目から「学習の定着のしやすさ」を示す「Learning Pyramid」。

上手にビラミットをテキストだけでは書けませんが、要は上から下にいくにつれて、学習の定着のしやすさは高まります。

1. Lecture
   ↓
2. Reading
   ↓
3. Audio-Visual
   ↓
4. Demonstration
   ↓
5. Discussion Group
   ↓
6. Practice by doing
   ↓
7.Teach Others / Immediate use

確かに7番はいいですね。ちょと手間と時間はかかるのと、すべての研修で採り入れるのは難しいですが、試してみます。4番あたりから、1つランクが変わっているような気がします。アクティブ・ラーニングそのものですね。ただ、いずれもやりゃいいというわけじゃないですね。



関連記事
スポンサーサイト
【2015/11/28 23:55】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<外資系アプローチ? | ホーム | 学習の5つのステップ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2173-d089373e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |