ダイバーシティの初歩

部長層以上を対象とした異業種から人が集まるビジネススクールのクラスを見学しました。
来期の仕込みもあるので、いろんなところを歩いています。
19時から3時間、真剣な討議、学びを行う活力、さすがです。

で、クラスの内容とかではなく、驚いたことが1つりあります。
今回のクラス、29名の構成ですが、男女比が28:1でした。
そして、年齢層は40台後半から50代に集中しています。
名刺を拝見すると、基本的な伝統的日本企業の方が大半です。

印象を一言でいうと、異業種の様々な企業から人が集まっているのですが、
感覚としてはダイバーシティ度がとても低い……、ということです。

どんな打ち合わせに出ても、一定数の女性が必ずいるという環境に慣れると
とっても今日みたいな場には、率直な違和感を感じますが、
よくよく考えると、前職、特に営業部隊は完全な男性世界でした。
(今は頑張って女性を入れようとしているようですが)

一般的に新しい企業の方が、様々なポジションに女性がいます。
理由はいろいろあると思います。

1つは採用力があるでしょう。新興企業は男性だけでは、必要な人員を充足できる力がありません。
優秀な人を採用していると、自然と女性上位になります。
一般職というものがないというのも大きいでしょう。
序列の概念が弱い、閥のような概念が弱いというのも効いているかもしれません。

逆にいうと、自然体でマネジメントするのが、
一番、ダイバーシテイの初歩にはいいのかもしれません。

1448966663659.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【2015/12/01 23:46】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<郵便局頑張っています | ホーム | 11月のブログから…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2176-a8124bac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |