「指示・命令」と「報告・連絡・相談」のマネジメント
「指示・命令」と「報告・連絡・相談」のマネジメントは、
上司が部下を効率よく、都合よく活用しようと思う時に最大限機能するが、
その代償として、部下の自主性とやる気、そしてチームの求心力を失うという話を聞きました。

なるほど。完全にドキリです。

もう少し正確にいうと、たぷん【「指示・命令」と「報告・連絡・相談」】ではなく、
【「指示・命令」と「報告・連絡」】なのかなと思います。
報告と連絡は、いやいやでもするものですが、相談が自らの意思がないとしないものだからです。

これに対抗できるのは、「質問と傾聴」のマネジメント、
そして「助言・応援・支援」のマネジメントなのだといいますが、
言葉ではわかりますがそれが真に実現できている姿がなかなかイメージできません。

会社にいる10時間のうち、まずは10分でも変わることができればと思います。
低そうで高い目標のような気もします。

DSC_0075.jpg

関連記事
スポンサーサイト
【2016/01/13 23:28】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<上司というものは自分が思っている以上に不機嫌な顔をしている | ホーム | 管理組合と学会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2192-ed231d31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |