いいね合戦
音楽座ミュージカルのシアターラーニングのコンテンツの1つに
「いいね合戦」(勝手に命名しています)というのがあります。
これ、アイスブレイク的にもいいんですが、とてもシンプルでパワフルなワークです。

2人ひと組になります。

最初に1人が「いいね」といいます。
次に相手が、「いいね」と言い返します。
この時に、前の「いいね」よりも少しでもいいので高いテンションで返さないといけません。
その次に最初に「いいね」と言った人が、さらに少しでもいいので高いテンションで返します。
これを「ストップ」といわれるまで繰り返します。

小さな「いいね」から始まります。
そして、少しずつ「いいね」は大きくなります。
だんだん会場中に「いいね」の大声が響き渡るようになります。
『いい加減にもうストップしてくれ』と内心で思う人も少なくないでしょう。
ある意味、そこが自分にとっての「殻」です。
でも、このワーク、シンプルなので、また相手という手助けがあるので、
この「殻」を超えても続けることができます。そして「殻」を超えると楽になります。
もっともっと元気な「いいね」を出せるようになります。

そうして第1ラウンドには「ストップ」がかかり、第2ラウンドに移ります。
声だけだと限界があります。次はアクション付の「いいね」をやります。
第1ラウンドと一緒で最初は小さなアクションから始まります。
「ちょっとやだな」と思うのも、相手の力を借りてできるようになります。
「ちょっとやだな」と思う自分を投げ出す瞬間、これがとても大事です。
自分を抱え、自分を意識せずにの自分を離します。
アクションは人に何かを伝えるのてにとても大事なのです。
そして、自分の「殻」をやぶる素敵なきっかけにもなります。

時々、音楽座ミュージカルさんの研修をこのブログでも取り上げているのですが、
なかなか伝わりにくいところがあります。
インプロ的なものをやることもありますが、今回ご紹介したワークのようなコンテンツがいろいろあります。
歌と動きと声を使います。リフレクションの仕組みも、フィードバックの仕組みもうまく取り入れています。
初めて見た人が
「ミュージカルを研修に、テーマの1つは殻をやぶるというから、
 ただ声出したりして殻を破れという、自衛隊研修の亜流かと思ったけど、もろがちで研修なんですね」
とコメントしましたが、そうなんです。

といっても見ないとわからないと思うので、私の会社の新入社員研修は見学可でやろうかと思っていますので
興味のある方はご相談ください。

020 横須賀中央酒場
※酒場探訪シリーズ第020回 中央酒場@横須賀 (横須賀割、素敵です。まほろば帰りによりましたが体調最悪の時で翌日寝込んだ記憶があります。)

関連記事
スポンサーサイト
【2016/02/21 22:32】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<燗酒の歴史? 若き日の燗酒 | ホーム | 今週の越境活動>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2218-bf00f030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |