燗酒の歴史? 若き日の燗酒
いつの頃からでしょうか。

ひとり酒をしたり、相手の気兼ねなしにお酒を頼めるときは、ほぼ決まって燗酒を呑むようになりました。結構、夏でもです。ここのところ、空前の日本酒ブームです。それもいい加減なブームではなく、なんとなく丁寧なブームのような気がします。何も考えずに呑んでいるのが好きな私でさえ、真面目に日本酒を勉強したくなります。そして、燗酒ブームもやってきています。そんな中で「dancyu」が燗酒の特集をやったりしています。

この特集の中で「燗酒ヒストリア」というタイトルで燗酒の歴史を追っていますので、備忘録的に残しておきます。

① 大転燗時代(1600年代~1870年頃)

平安時代には、とある書物に「9月9日から3月2日までは燗」という記録があるそうです。少なくともこの頃には燗酒を飲む習慣があったのですが、寒い時期にのみ呑んでいたことが伺い知れます。これが通年で呑まれるようになったのが確認されているのは、安土桃山時代あたりからだそうです。江戸時代は好んで燗酒が呑まれたようです。

② 燗酒黄金時代(1870年頃~1940年頃)

明治時代の酒造りは、燗を前提に味が設計されるほど、燗酒が当たり前の時代だったそうです。一時期は国家収入の三分の一が酒税によるものだったというくらい、明治人は酒呑みでした。多くの文豪、歌人が酒を愛し、文人と燗酒のエピソードは数多く残っています。

③ 燗酒冬の時代(1970年頃~1990年頃)

戦後、洋酒の波に襲われ、日本酒は安酒的な扱いをされるようになります。燗酒は最たるもので、燗酒の主な登場場面は「モーレツ宴会」。効率よく大量に提供することが大切で、必要以上に高温に設定した機械で、やたら大きな徳利で提供され、サラリーマンの宴会での呑ませ酒として活躍しました。私が社会に出た頃はまさにそんな感じだったように思います。そんな方法で燗付けされるので、どんな酒でも美味しく呑めるはずもなく、燗酒はまずい、燗酒は呑まされる酒というイメージが生まれました。とても不幸なことです。一方、並行して地酒ブームが起こります。吟醸酒ブームといってもいいでしょうか。その結果、いい酒は冷酒で呑むという認識が広く一般に伝わってしまいました。

④ 燗酒復権時代(1990年頃~今)

個人的には1990年からというよりはもっと最近のような気がします。ここのところ、燗酒をメインにした新しい素敵なお店もできてきています。洋酒の世界にはなかなかない、燗をつけて呑むというこの習慣は、間違いなく日本酒の幅を拡げています。別に張り合うつもりはもうとうないですが、原料に強く左右され、それで評価されるワインよりも奥深いと日本人としてはいいたくなります。

まあ、そういうことは抜きにして、美味しいお酒が呑めればいいです。

でも、ほんと、昭和の昔、燗酒は激しいつぎ合いができる宴会酒でした。宴会以外では燗酒なんか呑まないという時期が長らくありました。「お流れ頂戴」とかいって、誰かがつぎにくると自分の盃を空けて相手に渡し、ついだ人はそれを一気で空けて、また相手に戻してからようやく酒をつぐという風習がありました。新人は、一回り宴席をまわると全員とこれをやるので、全員分一気をすることになります。スポーツでしたね。途中でこれをやめると、宴席の後半になって、お前は俺に酒をつがなかった、俺の前でつぐのをやめたといつて怒りだす人もいたりします。気をつけないとそんなことで営業として出入り禁止になったりするんです。若き日の燗酒の思い出です。

お酒は時代、お酒は文化、お酒はコミュニケーション、お酒は愛です。

021 煮こみや まる。
※酒場探訪シリーズ021 煮こみや まる。@荻窪 (新宿よりも西で仕事が終わったら立ち寄って帰りたいお店。近所の皆様が羨ましい。)





関連記事
スポンサーサイト
【2016/02/22 23:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<この春、転校します ~古典酒場部 | ホーム | いいね合戦>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2219-d143ca66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |