FC2ブログ
仕事に対する意欲の国際比較
タワーズペリンというアメリカ系の人事戦略コンサルティング会社が、世界16カ国で企業人の仕事に対する意欲についての調査をしています。約200問のアンケートから、仕事に対する意欲、その意欲を高める要因、離職しない理由、就職・転職先選びで求める条件、一般社員から見た管理職への評価などについて分析しています。

その中で「仕事に対する意欲」については、「非常に意欲的」「普通に意欲的」「意欲的でない」の3段階に結果を分類していますが、日本人は順に2%、57%、41%という結果になっています。つまり、「非常に意欲的」な人は日本にわずか2%しか存在しないわけです。世界平均は14%、他の主要国では、アメリカ21%、ドイツ15%、イギリス12%、韓国9%となっています。メキシコ40%、ブラジル31%とラテン系の国が非常に高いのが目立ちますが、なぜか同じラテン系のイタリアは7%です。日本は残念ながら最下位になっています。

また、「非常に意欲的」「普通に意欲的」をあわせた比率(逆にみれば「意欲的でない」人以外)でみても調査対象16カ国中なんと日本は15位、日本を唯一下回ったのはインドでした(調査対象国:日本、米国、カナダ、英国、ドイツ、フランス、オランダ、ベルギー、アイルランド、イタリア、スペイン、メキシコ、ブラジル、韓国、中国、インド)。

また、日本人の特有の傾向として「仕事に対して意欲的でないにもかかわらず、転職を考えてない人の比率が高い」というのが指摘されています。なるほど、という気がします。

さらに悪いことに、管理職のリーダーシップに対する評価も16カ国中で最低です。「管理職の質が非常に悪い」または「悪い」と回答した人が、16カ国平均が26%なのに対して、日本では40%にのぼります。

日本の強みはミドルマネジメントにあり、日本の企業人は仕事と会社への高いロイヤリティを持ち、意欲的かつ自主的に仕事に取り組んでいた……というのは昔の話、意欲やロイヤリティが減退しているにもかかわらず、勤勉な国民性だけが変わらないとすれば、これはメンタルヘルスが企業の重要課題になるはずですね。もちろん勤勉性も薄れれば大丈夫なのかもしれませんが、それでは何もなくなってしまいます。

解決のキーは、ミドルマネージャーにあるというのが、最近のミドルに再びフォーカスを当て始めた人達の思いなのでしょうが、私もこれにはもろ手をあげて賛成です。

だから、日々、頑張らなければなりませんね。皆さん。


《2008年8月21日》 先月半ばに傷つけた足がまだ痛むため、病院に。まだ2~3週間は我慢しなさいとのこと。最初の頃みたいな激痛ではないですが、結構、歩いていると痛みます。我慢です。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/08/21 23:12】 | モチベーション | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<図書紹介: 『蛍女』 藤崎慎吾著 (早川文庫) | ホーム | 組織の間に壁なんてない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/222-18b9c46f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |