転職の成否を分ける2つの鍵
私のいる会社も多くの中途採用入社者を迎えていますが、当然のことですが、順調に力を発揮できる人、なかなか馴染めずに苦労する人、期待以上の活躍をする人、人それぞれです。

どうすれば必ず転職先でうまくいくかという方程式はありませんが、少なくとも次の2つのことは大切かと感じています。

1.「ジョハリの窓」の「開かれた窓」を大きくできること

毎月の中途入社者研修でジョハリの窓の話をするのですが、これを知っている人はおおよそ日本のビジネスパーソンの1割くらいのようです。最近では説明するときは「窓」の説明から入る必要があります。なんといっても窓ガラスの技術革新が進み、窓の概念が多様化することによって、今や「窓」は説明抜きで「2×2のマトリクスのメタファー」としては使えなくなっていますので。

「ジョハリの窓」は、対人関係におけるマトリクスのモデルですが、自分と他者、それぞれが知っている、知らないで2×2のマトリクスを作ります。
自分も他者も知っている窓が「開かれた窓」です。これが大きくなると、周囲は自分のことを理解してくれる度合いが高まります。自分の好き嫌いや、得手不得手も理解してもらえるので、いろいろなことがやりやすくなります。また、周囲からみても「どんな奴だかわかる」のでコミュニケーションがとりやすくなりますし、仕事の依頼もしやすくなります。早々に新たな職場で「開かれた窓」を大きくできると、人は「居場所」感覚を新しい職場に感じることができます。これは仕事で活躍するためにも大切なことです。

「開かれた窓」を大きくするには2つの方法しかありません。

1つは「隠された窓」を小さくすることです。「隠された窓」とは、自分は知っていて他者は知らない窓のことです。これには「自己開示」が必要です。つまり自分のことを語り、理解してもらう努力をすることです。場合によっては、少しブライドを横に置いておく必要があります。そして、何よりも上手に自分の殻を破る必要があります。こうして「開かれた窓」が大きくなると、世界が違ってみえるくらい周囲とのコミュニケーションがとりやすくなります。

もう1つの方法は、「気づかない窓」を小さくすることです。「気づかない窓」とは、自分は知らないけど、相手は知っているという窓です。えっそんな窓あるのと思うかもしれませんが、実はあります。そして、これが曲者です。新職場になじめない人はここで大きく躓きます。ある意味、自己認知の甘さにもつながります。
ここでのキーワードは何と言っても「フィードバック」です。新たな組織に身を置く最大のメリットは、今までは受けたことがないような「フィードバック」が受けられることです。これを素直に聞いて今後の自分の成長の糧とできるか、うるさいと感じて耳をふさぐのか、相手はわかってくれないと勝手に心を閉ざすのか、ここが本当に分かれ目です。もちろん、「フィードバック」はポジティブなものばかりではありません。「こんなこともできないのか」といったものも容赦なくくるでしょう。でも、それが新たな職場の価値観なのです。それにさらされて自分がどう行動するかが大切です。その先に成長があります。

2.アンラーニングができること

「アンラーニング」は、日本語では「学習棄却」とか「学びほぐし」とか訳します。ここで取り上げる意味としては、自身の成功体験や過去の業績・栄光は少し横に置いて、新たな職場で新たな何かを学ぶごとができるかどうかです。新しいことを受け入れるためには、これまでのやり方や考え方をリセットする必要があるわけです。実は人だけでなく、組織自体にもアンラーニングは求められるのですが、アンラーニングは学び続けるために何よりも必要な態度なのです。
自らの意思で完全に環境を変えた転職という時点で、以前の職場の常識や成功体験を軸に判断をすることは意味を持ちません。しっかりとしたアンラーニングをするためには、自分の今いる状況やこれまでやってきたことをきちんとリフレクションすることが欠かせません。往々にして人はここで冷静な目線を持てません。また、ブライドや自分可愛さもこれを邪魔します。周囲からのフィードバックも下手をすると自分に都合のいいことしか耳に入りません。
ここでは、ささやかなプライドは少し横に置いて、プロ意識を徹底的に前面に出すことです。アンラーニングをするにも、ジョハリの窓の「開かれた窓」を大きくすることは大切です。特に、フィードバックにより「隠された窓」を大きくすることができれば、アンラーニングは半ばできたようなものです。

この4月、新天地を選択される人も多いと思います。できるようで意外とできないこの2つ。是非、実践ください。

023 ほさかや

※酒場探訪シリーズ023 ほさかや@自由が丘 (今日も大好きな鰻串。この街にいくと必ず立ち寄ります。昨日は寄れなかったけど、ていうか休みだったみたい。)




関連記事
スポンサーサイト
【2016/03/22 23:20】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プライドを少し横に置き、アンラーニングを続けて、引退するまで殻を破り続ける | ホーム | 仲間内での感動体験 ~採用面接から>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2223-9a90d0c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |