プライドを少し横に置き、アンラーニングを続けて、引退するまで殻を破り続ける
高齢者の活用、高齢者のキャリアは、これからは重く大きなテーマになります。
なんて話がよくいわれますが、こういった話がされるということは、前提に高齢者は使いにくいという概念が広く行きわたっているという事実があるのかと思います。

で、使いにくさの要素は主に3つだと思います。

1.高齢者は給与が高い
2.高齢者は体力が低下している
3,高齢者は職場に適応して素直に働きそうにない

1は年齢基準の給与体系がなくなるにつれて、次第に解決に近づいてきています。ただ、転職市場をみても、言い方は失礼ですがそれほど価値を提供できているとは思えない仕事をしているような人が大企業で驚くような年収を得ているケースは少なくありません。これ、うちにきたら300万円だよなというようなケースです。この場合は今がもらい過ぎなのでなんともいえませんが、残念ながらこんなハッピーな世代はこれからは出てきませんので、徐々に解決に向いていく課題かもしれません。

2は確かにあります。例えば私だって、もう2晩続けての徹夜は無理です。でも、世の中全体が2晩続けての徹夜という働き方はおかしいという価値観に変わってきました。この30年間で凄い変貌です。「24時間働けますか」と時任三郎が気合いを入れて歌っていたのは、まだ約30年前のことです。今、こんなコマーシャル流したら、感性を疑われるでしょう。このような世の中の変化は高齢者にとってポジティブに働きます。肉体労働がオフィスから減ってきていることも同様です。

となると、大きな問題はやはり3のようです。文字通り「使いにくい」という奴ですね。

昨日のブログで転職で成功・失敗を分ける2つの要素について書きました。
実は高齢者もこれと同様なのではないかと思います。与えられた新しい役割に対して、きちんとアンラーニングをすることがまず大切です。若かった頃の自分とは違うのです。これまでのやり方や考え方をリセットする必要があるわけです。そのためにも、あらためて「ジョハリの窓」の「開かれた窓」を大きくできることも大切です。これが「使ってもらいやすい高齢者」をつくります。

なので、1社にずっといるのではなく、中年年齢に差し掛かる頃までの転職を薦めます。たぶん、何社か転職経験のある人の方が、高齢者となってから柔軟に働けるのではないでしょうか。転職経験は、嫌でもアンラーニング能力を高めますし、「開かれた窓」を自分で大きくしていかないと生きてはいけません。大企業1社で勤め上げた人が高齢者になってから一番上手に使ってもらうことができにくくなりかねません。そんなことがわかっているので、大企業では手を変え品お変え、キャリア研修をやっているわけです。老人になることにより、最後は人は子供同様になります。高齢者も最後は新入社員同様のマインドで働けるようになると、すごくこの世界が変わってくるように思います。

プライドを少し横に置き、アンラーニングを続けて、引退するまで殻を破り続けることですね。

024 酒々蔵

※酒場探訪シリーズ024 酒々蔵@天文館 (ぶらっと立ち寄った店ですが、焼酎のバックバーが凄い。パノラマ写真で撮ればよかったというくらい、まだまだ左右に広がっています。)


関連記事
スポンサーサイト
【2016/03/23 23:32】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<今年もどうぞよろしくお願いいたします。 | ホーム | 転職の成否を分ける2つの鍵>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2224-5f76949a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |