人事パーソンが外に出て学ぶ意義  ~HR-Mall-Place 004
「日本の人事部」さんが、定期的に出している『日本の人事部 LEADERS』の第4号(先日のHRカンファレンスで配布されていた奴)に寄稿をさせていただきました。編集部から私に与えられたテーマは、「人事が社外で学ぶことや、ネットワークをつくることのメリットについて。また、それらを社内で活かしていくにはどうすればいいのか」というもの、まさにこのHR-Mall-Place ともつながるテーマです。

結果、「人事は外へ ~境界を超えて学ぶことの5つの意義」というタイトルの文になったのですが、そこで整理した、人事パーソンが、外に出て学ぶ5つの意義を少し引用してみます。

①.組織内だけでは解決できないことを外からの刺激、知識によって解決しようとすること。変革の起爆剤とすること~~組織内で何度も議論をしても解決しないものはしません。『アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない』(ジェームス・ウェブ・ヤング著「アイデアの作り方」より)だとすると、外に出て他者と触れることは、新たなアイデア創出には必須のことです。

②.同業者は中ではなく外にいること~~小さな会社では人事担当者なんて1人しかいません。でも、会社の数だけ人事担当者はいます。けして孤独ではありせん。中では1人でも、外には切磋琢磨し教え合える仲間がいます。社内に1人しかいない年末調整担当、ダイバーシティ担当、障がい者雇用担当、評価担当……、外には同じことをしている人が大勢います。

③.自組織で凝り固まった自分自身を「学びほぐし」できること~~外に出ると「はっ」とさせられることが多々あります。凝り固まったものの見方を自覚し、改め、新たな自分を創るためには、経験を積めばつむほど「はっ」とする新鮮な機会がとても大切なのです。

④.自組織とは何か。自分とは何かをあらためて考える機会~~自組織内にいると説明不要なことも、外に出るといちいち説明が必要になります。自組織について、自分について、普段は語る必要のないことを語らないと初めての相手には伝わりません。この語りは自然に内省を呼び、自分とは何か、自分の大切にしているものは何かへの気づきがあります。大げさにいえば、キャリア確立への一助にもなるはずです。

⑤.何はともあれ愉しめる~~これも重要な要素です。学ぶということが苦行ばかりでは続きません。組織を超えたキャリア開発や能力形成への渇望が満たされることは純粋に喜びです。また、そんな難しいことを言わなくても、理解しあえる仲間同士で語り合うことは明日への活力を呼びます。

中原先生が提示する越境学習の定義は、「「個人が所属する組織の境界を往還しつつ、自分の仕事・業務に関連する内容について学習・内省すること」とあります。ここでのキーワードは、「境界を往還しつつ」なんだと思います。行ったきりでは駄目なのです。外で得た何かを中に伝え、何かを自社にもたらしてまた外に行く、この往還があって初めて越境学習は生きてきます。一昔前と違い、今は外で学ぶ機会に溢れています。この機会を活かすことは、私たちが自組織内でささやかなイノベーションを起こすためには絶対に必要なのです。HR-Mall-Place が、そんな素敵な連鎖の起爆剤になるといいなぁと思います。

1448966663659.jpg
関連記事
スポンサーサイト
【2016/06/01 23:34】 | 経営学習研究所(MALL) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<お手軽勉強会の6類型、どれにチャレンジする?  ~HR-Mall-Place 005 | ホーム | 勉強会の5つの構成要素  ~HR-Mall-Place 003>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2233-17f1009f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |