お手軽勉強会の6類型、どれにチャレンジする?  ~HR-Mall-Place 005
HR-Mall-Placeのキックオフを前に、勉強会というものの整理をしてみています。

で、今日はお手軽勉強会の類型を整理してみます。とりあえず6つになりました。
もっともっと凝った勉強会やワークショップもありますが、お手軽に勉強会をやる場合、下記のいずれかの方式か、その発展形・複合形をとることが多いかと思います。さて、まずはあなたはどれあたりから、やりますか?

① キースピーカー招聘型

何か学びたいテーマが決まれば、そのテーマについて語ってくれる人を探し、その人を招いてキースピーカーとして語っていただき、その題材をベースにダイアローグをするというのが基本形でしょう。語っていただいたあとで質疑応答だけでは、講演会になってしまいますので、語っていただいたあとに何か1つ工夫が必要です。キースピーカーはできれば、手弁当で駆けつけてくれる方をお招きするのが理想です。勉強会は興行ではないですからね。ただし、手弁当で駆けつけてくれた方にも礼は尽くさねばなりません。終了後に開催する懇親会には当然、ご招待するのはもちろんですが、語り手にもプラスになる勉強会にしようという気持ちが何よりも大切です。HR-Mall-Placeの場合、こんな人を呼びたいというご相談には、MALL理事も相談にのりますよ。

② 複数スピーカー招聘型


①の複数形です。何人かからショートプレゼンをしていただき、パネルディスカッションを入れて、ダイアローグ、なんてのがやりやすいパターンでしょうか。①に比べて1人ひとりの持ち時間が短いので、話し手は気楽に来てくれやすいかもしれません。ただし、時間配分を含めて、全体構成と運営については①よりも一ひねりが必要になります。

③ 事例共有型

テーマを決めて、そのテーマに興味のある人が集まり、それぞれの事例を発表し共有しあうというパターンです。例えば、「2016新卒採用を振り返る」(まだ早いか……)などというテーマで採用担当者が集まるなんて奴ですね。登壇者を招く必要がないので、比較的、やりやすい勉強会です。ただ、同じメンバーでやり続けると、だあだあになりかねません。

④ 輪番発表型

比較的固定的な参加者の会で、毎回どなたかが話題提供の話をして、それをベースにダイアローグをするなんてパターンです。①に近いですが、スピーカーが参加者から輪番で出ていただくのが違いです。結構、教育ベンダーさんが主催している勉強会には、このパターンは多いです。呑気に参加していたら「そろそろ次回にご発表いかがでしょうか」なんて言われる奴です。

⑤ とにかくダイアローグ・とにかく議論型

テーマを決めてそれに興味がある方が集まり、グループに分かれてとにかくダイアローグをするパターンです。ただの与太話にならないように、ワールドカフェのスタイルをとるとか、進行には工夫が必要です。仲のいい仲間内だと、まあ、何をやっても愉しいので、このパターンが多くなったりします。また、この近似形で、何かゴール目的をもって、同じ志をもった人が集まり、議論を重ねるといったパターンもあります。これは、企画への思い入れと、最後の全体ファシリが大切になります。

⑥ 読書会型

そう、あの読書会です。読書会にもいろいろありますが、典型的なのは大学のゼミのような輪読ですかね。担当パートを決めて、担当になった人が深掘りしてきて発表し、それをもとにダイアローグをします。また、テーマを決めて、そのテーマに合う好きな書籍を1冊ずつ持ち寄って、相互に紹介しあうなんてタイプの読書会も作れます。
あとは、大きな座敷(お寺の境内とかいいね)に皆で集まり、好きな本を勝手に持ちより、それぞれ好きな場所に寝そべって勝手に読書をして、日が暮れたらそれぞれ帰るなんて読書会もやってみたいですね。勉強会といえるのかどうかわかりませんが…。

そして、勉強会には必ず懇親会が必要です。そのあたりは、また別の回に。

DSC_3121.jpg



関連記事
スポンサーサイト
【2016/06/02 22:51】 | 経営学習研究所(MALL) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アトリエモールを振り返る  ~HR-Mall-Place 006 | ホーム | 人事パーソンが外に出て学ぶ意義  ~HR-Mall-Place 004>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2234-9e0d1161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |