「会社での恋愛は禁止ですか?」~ある障がい者の就労支援機関でのお話
先日、とある障がい者の就労支援機関にお邪魔してお話をする機会がありました。
2011年の三浦U理論合宿で知り合い、その後はほぼ呑み屋でしかあっていない方が
いつの間にかそちらの機関で支援スタッフをされており、そのご縁です。

障がい者雇用からみで講演をする機会は多いですが、
今回は支援機関の利用者の皆様対象ということと、大半が20代の若手であること、
また大半が就労経験がほとんどないということで、
お話の内容は新しいパターンにしてみました。

2部構成で、「1部:働く現場を見てみよう」「2部:仕事で大切にしていること」としました。
働いたことのない人が、働くことのイメージを少しでも持てるように
また、今の就労訓練が実際に働くことにちゃんと繋がっているんだということ
最低でもこの2つを実感してもらえるといいなぁと思って臨みました。

1部はほとんど写真です。職場風景をいろいろと見てもらいながら、リアルなお話をします。
2部は少しちゃんとしたお話をしています。
会社運営にあたって大切にしていること、また社員に大切にして欲しいと思っていること。
事前質問をたくさんいただいていたので、その中から特に多かった
採用する人しない人の差のような話、実際の面接ってどんな感じなのという話も織り交ぜます。

1部、2部ともに質問タイムを挟みます。
ここのファシリはお手のものという方がやっているので、とても安定感があります。
最初こそ緊張していた皆さんですが、支援スタッフの方が質問の口火を切ると、
いろんな質問が出てきます。

例えば、「会社での恋愛は禁止ですか?」。

いい質問ですよね。いうまでもなく、恋愛は禁止できません。
「恋はするものではなく落ちるもの」(GCDFの橋本先生)ですから、禁止しても意味がないのです。
私たちがみるのは、2点だけだといっていいでしょう。
1つは「仕事生活に悪い影響を与えないか」(自分だけでなく周囲も含めて)、
もう1つは「相手に迷惑をかけていないか」。
この2つに差し障るようなことがあれば、会社の上司として介入します。
でも、そうでなければ、暖かく見守ります。
そんなことをできるだけわかりやすく心がけて語ります。

会社説明会なんかやっていたり、採用面接なんかをやっていると、
質問のための質問だったり、つくられた感じの質問にうんざりすることが多々ありますが、
今回の質問はみんな「素」の質問です。
そして、質問の背景にそれぞれがずっと感じていたり悩んでいたりする何かがたぶんあるんです。
そんに「素」の質問を受けると、こちらも自然と素朴にお答えすることができます。
相手に通じるように「素」の質問ができるということは、パワーです。
お会いした皆さんが、それぞれの職場に旅立ち、そこで仕事に愉しみを見いだすことを願っています。

1471347539055.jpg

※酒場探訪シリーズ030 二毛作@立石 ~とっても綺麗で新しく予約もできます。それでいて懐かしさもキープ、で、トマトです。おちょこが浅いのが玉に傷で随分と日本酒こぼしました。



関連記事
スポンサーサイト
【2016/08/17 23:58】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<怒りの仕組み~アンガーマネジメントのお話を聞きました | ホーム | 野毛物語~ホッピー仙人、野毛ハイボールも…>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2240-800ccc16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |