書店力
私は書店が好きです。
街の書店が壊滅状態で、大型の巨艦店でないと
書店もなかなか生き延びれない時代になってきました。
書店が1店もない市区町村もあるそうです。

良い書店というのは、買うつもりがなかったり、まったく知らなかった本を
ついつい買ってしまう書店です。
絶対、アマゾンのリコメンド機能ではリコメンドされないような本、
そんな本が、目に飛び込んでくるような書店です。
そんな書店を書店力のある書店と私は勝手にいっています。

私の自宅の近くの駅前にある街の書店は
けして大規模ではないのですが、
それでも専門書を除けば一通りの書籍をおいている街の書店としてはそこそこの規模です。
ここはなかなか書店力があります。
好きな店員がいるんだと思いますが、
いろいろと手書きのPOPが書棚に置かれ、ここに様々な情報が満載されています。
で、買う気もない、知りもしない本を買うことがあります。

最近の書店はどこも書店力がなかなか高くなってきています。
でも、なんとなく自分として得意な書店とそうでもない書店があります。
例えば、高田馬場の芳林堂は好きな書店です。
ここは何といっても、中学校・高校の頃に毎週通っていた書店です。
まだ、ビックボックスが赤かった頃のお話です。
いったい、ここで何冊の書籍を買ったことでしょうか。

当日と棚の配置はがらっと変わっているのですが、
今でも行くと、本の大人買いをしてしまいます。
書店力が高いのは間違いないですが、ホーム感覚があるんですかね。

どれだけアマゾンが便利になっても、
書店の書棚めぐりの愉しさは消えません。

DSC_4032.jpg




関連記事
スポンサーサイト
【2016/12/01 23:57】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<古典酒場部な人の11の特徴 | ホーム | 【CCA】スーパーバイザー養成・認定プログラム にチャレンジしませんか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2258-faee15b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |