もしも総合職・フルタイムという働き方がマイノリティになったら…
ちょっと昨日の告知に補足したいと思います。

キャリアデザインライブ/ウインタースペシャル~働く人の選択肢がもっと多様になる時代へ」という企画の告知でしたが、この企画段階で登壇をいただく株式会社Waris代表取締役/Co-Founderの米倉史夏さんとあれこれとフリーディスカッションをしました。

Warisは4年前に創業して以来、ハイスキルを持つワーキング・ママの労働力を企業に提供することによって業績を伸ばしてきました。主に業務委託の形態で、何らかの専門性を持つワーキング・ママたちに、フルタイムではない仕事をマッチングさせてきたわけです。でも、多様な働き方の選択肢が必要なのは実はもはやワーキング・ママには限らなくなってきました。

Warisが対象としているのは、いわゆる文系総合職といわれる層です。もともとはフルタイムで1つの企業の中で、そして人事ローテーションに従って働いていたような人たちが対象です。そんな人たちが、いざ自分の経験とスキルを売ろうというとき、何が起こるでしょうか。

Warisでは、登録した候補者に丹念にヒヤリングをするそうです。果たしてその人が市場で売れるスキルは何なのかを深堀します。経験した職種名だけからでは実はスキルは読み取れません。例えば、人事をやっていましたというのはスキルではありません。育成体系の構築ができる、ダイレクトソーシングができる、そんな分解されたスキルを確認することが必要になってくるわけです。

時に、本人が認識していないスキルもあります。「業者交渉くらいしかやっていない」と自分を卑下して語る人……、でも、その交渉の中にに貴重なスキルが存在していたりするわけです。逆に、どれだけ丹念にヒヤリングをしても、売れるスキルが見つからない人もいるそうです。日本企業独特のこの「総合職」という立場はスキルを身につけにくい立場なのかもしれません。

総合職・フルタイムという働き方がマイノリティになる世界がもしも来たら、自分は生き抜いていけるでしょうか。企業は何も人を抱えなくても、スキルをスポット買いして業務を回すことが可能になってくるかもしれません。もしも、そうなると総合職・フルタイムという働き方は、ほんの一握りのマネージャー候補以外は存在意義がなくなるかもしれません。

ワーキング・ママという制約のあるハイスキルの人たちから、少しずつできてきたこのマーケット。もしかしたら、ここに働き方の1つの未来があるかもしれません。

こんなお話に興味のある方、ぜひ、12月10日に自由が丘の産業能率大学で会いましょう。キャリアデザイン学会は、おそらく一番、実務家が普通に活動できる学会です。働く人のキャリアをアカデミアだけで論じても意味はありません。ぜひ、多くの実務家の方に参加いただき、ゆるく楽しい雰囲気の中でいろいろなお話あいができればと思います。終了後は懇親会もありますので、あわせてどうぞ。お申し込みはこちらの学会ホームページからお願いします。

DSC_1253.jpg 
※なんとなく冨士山ですね。


関連記事
スポンサーサイト
【2016/11/29 23:50】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【CCA】スーパーバイザー養成・認定プログラム にチャレンジしませんか | ホーム | キャリアデザインライブ「働く人の選択肢がもっと多様になる時代へ」~申し込み受付中です>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2262-b7b06d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |