キャリア自律を就業規則に……?
自分の成長にコミットしない人は安易に許容しない。
当事者意識と自己責任を追及するためには、
それを就業規則に書き込むくらいの態度が必要だ、
こんな厳しい話を聞きました。もちろん、花田先生ですが。

キャリアはちょっと間違うと、変な方向に向かいます。
キャリア自律は温室の中では育たないというのも、花田先生が最近よく指摘される話ですが
まったく同感です。
法制化による「働きやすさ」をベースとした
安易なキャリア自律が進展していくことを私も危惧します。

個人の責任で成り立つキャリア自律は、
矛盾と理不尽に満ちあふれた中での日々の中でのことです。
でも、どんな状況であっても、歩み続けていかなければいけないわけで、
それができる力が、キャリア自律につながります。
ただ、力強く真正面から戦うだけではなく、様々な歩み続け方はあるはずです。

軟弱な「いいね」関係の上に成立したり、
自己啓発セミナーの自分大好き人間ではない、
温室育ちではないキャリア自律、というのは花田先生の言葉ですが、
いずれにしても、温室や無菌室ではない、
厳しい自然環境、日々変化のある自然環境の中で私たちは生きているのであり、
人事という仕事は、それを支援する立場にあるんです。

※ 11月22日の花田先生のメンタルコンシェルジュでのお話を思い出しつつ書きました。

酒場探訪シリーズ034 丸惣 

※酒場探訪シリーズ034 「丸惣」@新木場。新木場で朝から飲める店。写真の日の会計は860円。ただし、夜は終わりの時間よりも早く終わっていることもある。素敵な食堂のみができるお店。




関連記事
スポンサーサイト
【2016/12/03 23:50】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<何をしないかを決めることは、何をするかを決めることと、同じくらい重要だ | ホーム | 古典酒場部な人の11の特徴>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2264-a3a5dd69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |