職場と持ち場、自己肯定感と自己効力感、そして酒場
昨日に続いて、障がい者雇用の関連からです。

「職場」という言葉があります。
「酒場」という言葉もあります。
ともに「場」(place)という文字が入っています。
そう、これらは文字通り「場」なのです。
私は「居酒屋」という言葉よりも「酒場」という言葉が好きです。

自分の働き先が、本当の意味で「職場」といえるようになると
そこは自分の「居場所」になります。
私たちは、この「居場所」を提供したいと思います。
長らく「居場所」を失って苦しんでいた人もいます。
自分の「居場所」を得られることにより、「自己肯定感」を持つことができます。
これは、キャリア自律の第一歩です。
そして、月曜日がつらくなくなります。

そんな「居場所」で自分なりに頑張って仕事をすると、
チームに貢献をすることができます。
貢献して役にたったなという実感が持てるようになります。
ある仕事を任せられるようになります。
そこは、自分の「持ち場」になります。
「持ち場」が得られると責任感が芽生えます。
改善や成長への意欲が芽生えます。
自分の「持ち場」を得られることにより、「自己効力感」を持つことができます。
これは、自信につながります。

次の金曜日にちょっとした講演を頼まれているのですが、
こんな話をしてみたいと思います。パワポはこれからです……。
今週はあまり「酒場」に行けそうもありません。

酒場探訪シリーズ044 SCAPA 
※酒場探訪シリーズ044 SCAPA@新橋  ~素敵なバーです。とある土曜日の昼下がりに信州おさけ村で立ち吞みしていて、お隣にいらした初老のご夫婦と仲良くなりました。別れ際に、実は私、近くでバーをやっています…と伺い、それがこちらです。リラックスしていた立ち吞みとは違い、キリッとしたご服装を拝見できます。



関連記事
スポンサーサイト
【2017/02/26 22:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<過去は今の自分を… | ホーム | 高齢化する身体障がい者>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2285-3706ffd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |