キャリアデザインライブでLGBTの話を聞きました
ちょっと前にキャリアデザイン学会のキャリアデザインライブで、LGBTのテーマを扱いました。
ホームページに記載した会の趣旨は、こんな感じです。

*********************************************************
「性の多様性」について考えてみたことがありますか。 LGBTという言葉は、ここ数年でだいぶ普及してきていますが、その意味を明快に語れる人はどれくらいいるでしょうか。まして企業社会の中で、あるいは教育現場でLGBTにどのように向き合うべきか、向き合っているのかを語れる人は、まだそんなに多くないでしょう。私たちは無意識のバイアスをもって「性」を捉えているかもしれません。 今回は、どこよりも早くLGBTのテーマに向き合ってきた企業日本IBMの取り組みをゲスト講師から紹介してもらうとともに、次世代LGBTが希望を持てる社会をどのようにつくるのかを参加者みんなで考えていく時間をつくります。
*********************************************************

もともと理解が浅いのですが、とても印象に残る話がたくさんありました。その中の1つだけを書き残しておきます。
ある調査によると、LGBTをカミングアウトすることによって、15%業務の生産性が高まったという事実があるそうです(たしか、そういった話だと思います)。これ、すさまじい数字だと思います。たとえば、LGBTを隠すために、ほんとうは好きでもないし興味なんかもまったくないけど、表面上だけ好きだということにしている「男性」アイドルの話を友達に合わせてする、その話の辻褄があうように、日々相当な努力をする、そんなことがあるそうです。もちろん、そんな話だけではないでしょうが、相当な気をつかって生活をすることになるそうです。この労力は大変なものがあるのは想像できます。日常生活でも、ちょっとした嘘を守るための辻褄合わせに追い込まれた経験はたいていの人はあると思いますが、あまりいいものではありませんよね。それを日常的に徹底的にやることを強いられると、それは仕事の生産性は犠牲になるかもしれません。
でも、LGBTをカミングアウトしやすい世界をつくり生産性を高めるのが素敵なダイバーシティの世界だというように簡単な話ではありません。カミングアウトは非可逆性です。つまり、一度いうともとには戻れない…。

なんとなく異なるものを排除しようとする世の中に戻りつつあります。何かが異なっても安心して居場所を得られる世界でありたいです。ダイバーシティというのは、女性活躍推進+αではなく、何かか異なるもの同士が安心して一緒に働ける場づくりにつながってほしいものです。そうでないと、女性は活躍しているけど、中途入社の社員を活かせないなんて組織になりかねません。若手はいきいき活躍しているけど、高齢者を活かせない組織になりかねません。
「働き方改革」、こういう視点も入れていきませんか(あれ、テーマが昨日に戻った…)。

DSC_2437.jpg 






関連記事
スポンサーサイト
【2017/06/05 22:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「営業」は普通の新人がもっとも成長を勝ち取れる仕事 | ホーム | 愛と青春の働き方改革>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2296-f6fb5027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |