スキー人口が減ったから少子化になった ~音楽座ミュージカル「とってもゴースト」を添えて
音楽座ミュージカルの「とってもゴースト」を観ました。

新入社員研修でお世話になった新入社員も一緒に。彼らにも良い時間になったようです。全員が次も行きたいといっていました。どんなに説明をしても言葉では、ホンモノは伝わりません。ここが難しいところ。だから、早くホンモノに触れることは一生の財産になる可能性があります。今回は残念ながら、そのあとに大阪に行かなきゃいけなくなったので、リフレクション馬肉はできませんでしたが、いろいろほんとは振り返りを一緒にしたかったです。

で、大阪に向かう新幹線で開いた本は、平田オリザさんの「下り坂をそろそろと下りる」。畳一畳くらい積まれている積読の中から何気にカバンに入れた本です。よくよく考えると演劇つながり……。冒頭からいきなり「スキー人口はなぜ減ったのか」というお話が…。世のしたり顔の識者が指摘する理由は、趣味の多様化、インドア指向化、若年層の貧困化、などなど多様ですが、一番指摘されているのは、やはり少子化、誰しもが最大の理由を若者人口の減少に求めるそうです。

で、「とってもゴースト」。
前半の場面で、男子3名、女子2名という微妙な人数の大学卒業間際の学生が登場します。美大生でしょうか、卒業制作の話などがあった中で、今年の冬はスキーに行こうという提案が出ます。舞台はまだ昭和です。そう、確かにスキーは男女が合理的にかつ自然、そして健全に宿泊を伴う遊びに誘う最適な手段でした。

平田オリザさんは指摘します。
「日本中の観光学者たちが口を揃えて『少子化だからスキー人口が減った』という。しかし、劇作家はそうは考えない。『スキー人口が減ったから少子化になったのだ』」。
なるほど!!!!!!!!!

さらに引用します。
「街中に、映画館もジャズ喫茶もライブハウスも古本屋もなくし、のっぺりしたつまらない街、男女の出会いのない街を創っておいて、行政が慣れない婚活パーティなどをやっている、本末転倒ではないか」
「大学の教員を15年やっていて『地方には雇用がないから帰らない』という学生にはほとんど会ったことがない。彼らは口を揃えて『地方はつまらない。だかり帰らない』という。それならば、つまらなくない街を創ればいい。(略)だが政治家は、(略)あいかわらず、工業団地を建て、公営住宅を整備すれば若者たちは戻ってきてくれるという幻想を追っている」

やっぱり広い意味での文化が大切なんだと感じます。そして学びの場が大切なんだと思います。でも、文化も学びの場も、都会と地方の偏在が強まっています(一部の秀逸な努力をしている地方を除いては)。これこそ最大の日本の危機かもしれません。音楽座ミュージカルの皆さんが、丹念に地方をまわり、ホンモノを若い世代に伝えていることは、うまく言葉になりませんが、とってもとっても大事なことなんだと思います。私たちの経営学習研究所も、今年は地方に出ないといけないと…、なんとなく志を持ちました。

とってもゴースト 


関連記事
スポンサーサイト
【2017/06/26 21:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<「働き方改革」の4つの視点 | ホーム | 発達障がい = 発達凸凹 + 不適応>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/07/03 22:39】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2301-dfffbda6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |