「武器を前もって渡すモデル」「乾いたときに水を飲んでもらうモデル」~久々、中原先生への連ブログ
相変わらず、というか、ますます切れのよい日々のブログを早朝に書かれておられる中原先生。素敵です。で、このブログに連ブログを書きたいと思いつつ、日がたってしまうことが多々あります。

10月3日6時14分の『あなたの会社の研修は「武器を前もって渡すモデル」それとも「乾いたときに水を飲んでもらうモデル」?』もそうでした。というか、書き始めてそのまま失念していました。せっかくなので仕上げてみます。たいした話ではないですが。

中原先生のブログを引用すると、
「武器を前もって渡すモデル」とは、
****************************
 「学習者が、今後、仕事をしていくうえで使うスキルやツールを、前もって、研修企画者が予測して、研修やセミナーなどで、学習者に前もって、前もって、渡していくこと」をいいます。
 場合によっては、学習者にとってみれば、なぜ、今、この武器を渡されるのか、あまりピンと来ていないこともあります。でも「将来、必要だからと言われ、持たされる」。
 研修企画の担当者からすると、将来、必ず必要になる武器を、何とか「前もって渡したい」のです。それは学習者が苦労することが目に見えているからです
****************************

これに対して「乾いたときに水を飲んでもらうモデル」とは、
****************************
「乾いたときに水を飲んでもらうモデル」では、
「学習者が、困難な状況に陥って、喉が乾ききったあとで、水を飲んでもらう(=学習をしてもらうこと)」を考えます。
 この考え方の背景には、「喉が渇いて」いないのに、水をいくら差し出しても、学習者は水(学習内容)を飲もう(学ぼう)とはしないだろうという思いがあります。なので、こちらのモデルでは、「乾いたときに、水をはじめて差し出すこと」を考えます。
 先ほどのメタファをもってみると、「武器を前もってわたす」のではなく、「武器は必要になってから渡す」ということになりますね。
****************************

このような話はよく人材開発担当者でされる議論です。
たまたま、今、ほぼ毎週日曜日に、とある講座のオブザーブをさせていただいています。これ、キャリアカウンセリングの講座なのですが、いろんなクラスのオブザーブをするのですが、実にいい雰囲気です。こちらの学ぶ意欲も活性化されます。これは「乾いたときに水を飲んでもらうモデル」の方です。しかも、結構、高いお金を払って水を買って飲んでいます。オブザーブしていても気持ちいいですし、これ担当する講師も大変な部分はあるかと思いますが、気持ちはいいし、やりがいもあるでしょう。だって、一人の例外もなく、ここにいたくているんだし、時間を惜しんで学びたいと思っている人の集団ですから。

これに対して「武器を前もって渡すモデル」は難しいです。武器の必要性をいかに認識してもらうか、「武器が欲しい」と喉を乾かせるかが勝負になります。

私のいる会社では、人事主催の研修の大半は「乾いたときに水を飲んでもらうモデル」です。しかも、これはすべて自己啓発として就業時間外(主に週末)に実施します。社員が自ら行きたい研修を会社が無料で提供しているかたちになります。なので本当に来たい人だけがくることになります。これもやはり気持ちがいい研修ができます。ただ、このやり方、妙に頻繁に喉が渇く人が出現することがありえます。もしかすると糖尿病かもしれません。そう、何の研修でも来てしまうタイプの人です。なので、年間の受講数制限のようなものはいれないといけません。

でも、いくつか必須の研修もやります。代表的なのは新卒新入社員研修です。これは「武器を前もって渡すモデル」の典型例ですね。今のビジネス状況、素手で配属するとかなり倒れる確率は高くなります。ただ、新卒新入社員研修というのは、受講者に武器が欲しいと喉を乾かさせることが比較的やりやすい研修でもあります。それは、一般的な学生時代の生活と企業の仕事生活の相違点を早期に理解させることです。ちょっとヤバイと感じるようにすることです。これは内定出しの時、内定時代からじんわりと仕込んでいく必要があります。そうして初めて新卒新入社員研修が機能するのです。4月1日では遅すぎます(その昔、「10月1日では遅すぎる」というSF小説がありました)。それでも、本当に喉が渇いている人とはリアルさに少し差があります。あの時にもっともっと真剣にやればよかったのにね、といいたくなるようなことが夏くらいによく発生します。

もう一つは、必須の研修としては、毎年その年のテーマを決めてやるマネージャー向けの研修をやっています。これは、当社のマネージャーは今年は何に喉が渇いているかなということを徹底的に考えて、そのコンテンツをベンダーの方にも協力をいただいて自社流に作り上げることになります。このあたりは人事として、とても楽しくも苦しいプロセスになります。

てなブログを書きかけてそのままにしていたので、ちょっと遅れましたが連ブログでした。

酒場探訪シリーズ049 ホッピー仙人 

※酒場探訪シリーズ049 ホッピー仙人@野毛 ~初めていった日はホッピーが品切れでした。青りんごとか吞んだよ。





関連記事
スポンサーサイト
【2017/10/15 23:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大きな石を先に入れる | ホーム | お好み焼き検定やります ~過去問付きリリースです>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2316-d5288232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |