大きな石を先に入れる
ちょっと昔、「7つの習慣」の研修をトライアル受講させていただいたことがあるんですが、ほんといろいろと気づきの宝庫でした。あと、どっちが出典なのかわかりませんが、様々な研修や書籍で語られていることが満載されていました。その中に「大きな石を先に入れる」というのもありました。これに似た話は何度か聞いたことがあるなあと思いながら聞いていましたが、実演しているビデオはちょっと迫るものがありました。

大きな石と細かい石、砂利があります。そして、バケツがあります。大きい石はほとんどバケツの背丈と同じくらいの大きさです。
もしも最初に細かい石や砂利を入れたとします。石はバケツの半分くらいまで細かい石や砂利で埋まります。それから大きな石をうんうんと一生懸命に押し込んでも入りません。
今度は、最初に大きな石を入れます。それから小さな石を入れます。小さな石は大きな石とバケツの隙間に入り込みます。それから砂利を入れます。砂利は小さな石たちの間に入り込みます。そして、同じ量の石がこんどはきちんとバケツに入るのです。
これビデオでみると、なるほどほんとだそのとおり、という感じになります。

最初にとりあえず手ごろに小さな石を入れていると、一番大事な大きな石はけして入らなくなります。重要度が低いこまごまとした用事やアポに奔走されて、本当に大切な仕事に手がつかないのはこういうことです。日々の忙しさにかまけて、人生で本当に大切なことが後回しになっては取り返しがつきません。まあ、そこまでいかなくても、人は弱いものなので、ついつい大切なことや大事なことを後回しにしてしまいます。また、目の前のこまごまとしたことをやっていると、なんとなく働いているような、頑張っているような気にもなります。いけませんね。頑張ろっと。

だいぶ前ですが、梯子酒をした際に、2軒目にラーメン屋に寄ろうと言い張る人がいました。その人がどうしても行きたいラーメン屋がたまたまあったのです。この日は何軒もちょこっと吞みをしてまわる企画でした。少しのつまみでも何軒も吞み歩くと結構お腹にきます。そうすると一番大きいラーメンという石を〆という名の最後にまわしてしまっては、ラーメンが入らない(食べられない)危機があるのです。で、われわれはこの「大きな石を先に入れる」の石をラーメンにした例えに負けて、2軒目にラーメン屋に寄るのでした。でも、そういう意味のお話ではありません。

酒場探訪シリーズ051 バー賀茂 

※酒場探訪シリーズ050 バー賀茂@銀座 ~銀河系で一番美味しい三冷ホッピーが吞めるお店。




関連記事
スポンサーサイト
【2017/10/16 22:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ブレードランナー2049」の公開が迫っています | ホーム | 「武器を前もって渡すモデル」「乾いたときに水を飲んでもらうモデル」~久々、中原先生への連ブログ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2318-1286b411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |