キャリアデザインライブ~「障がい者雇用を改めて正しく知る、障がい者雇用を支援する人を考える」
参加者の皆さんと一体になってキャリアに関するテーマを考える日本キャリアデザイン学会の「キャリアデザインライブ」。次回は来月の17日の開催です。テーマは障がい者雇用。私の担当企画です。といってもまだ事前の打ち合わせもこれからですが…。愉しい時間にしますので、皆さん是非ご参加ください。学会員でない方も有料にはなっちゃいますが、普通に参加できます。これを機会に学会に加入するなんてのもどうでしょうか。来年の大会は関西大学ですので、皆で関西で盛り上がれますよ。下記、詳細です。どうしようかなぁと悩んでいる方は、ご連絡をいただければ、背中を押して差し上げます。

■日時
2017年11月17日(金)19:00~20:30

■テーマ
「障がい者雇用を改めて正しく知る、障がい者雇用を支援する人を考える」

■趣旨
精神障がい者の雇用義務化、障がい者法定雇用率のアップ、障がい者差別解消法による合理的配慮の義務化など、障がい者雇用を取り巻く環境は大きく変わってきています。日本には約800万人もの障がい者がいますが、そうにち民間企業で就労しているのはわずかに50万人たらずに過ぎません。
障がい者の雇用支援には多くのプレイヤーが存在し、ビジネスと福祉の双方の世界で様々な立場の人が日々奮闘しています。法定雇用率を設定して企業に強制的に雇用を促進させるとともに、行政も様々な立場から就労支援を支えようとしている日本独特のモデルがそこにはあります。知っているようできちんと理解できていない障がい者雇用の世界の全体像をまずは正しく理解することから始めましょう。そして、そこではどのようなプレイヤーが存在し、どのような人たちがそれぞれの役割をどんな思いをもって担っているのか。また、障がい者を支える側の人にも脚光を浴びせ、支える側の人のキャリアについても考える場にできればと思います。

■ゲスト
阿部潤子 氏
2008年日本女子大学人間社会学部社会福祉学科卒業後、豪州メルボルン工科大学大学院修士課程に2年間留学。修士論文では、障がい者福祉施策における「ノーマライゼーション」への批判的考察から、「共生社会」を実現するために必要な社会政策の立案プロセスについて研究。2009年12月、修士号(Master of Social Science)取得。社会福祉士及び精神保健福祉士。2010年株式会社ソーシャル・スパイス・カンパニー入社。 2014年3月同社取締役社長就任。神奈川県内で就労系の障がい者福祉サービスを提供する会社に設立から携わり、障がい者の企業就職を支援すると共に、県内3施設のマネジメントと約60名の障がい者を雇用する経営者として障がい者雇用の課題に取り組む。2015年8月同社取締役退任。同年9月株式会社コネクティングポイント設立。代表に就任。「障がいがキャリアを積む上での『障害』にならない社会」の実現をめざし、社会(=企業)と障がいのある人達の「つなぎ目」に焦点をあて、そこに存在する課題の解決を様々な立場の人とともに取り組んでいる。

■参加費
会員/無料 一般/3,000円  事前申込制

■定員
先着 50名

■会場
明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー11階 1115教室
JR中央線・総武線, 東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅下車 徒歩約3分
  東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅下車 徒歩約5分
  都営地下鉄三田線・新宿線, 東京メトロ半蔵門線/神保町駅下車 徒歩約5分

■参加方法
コチラのサイトから申し込みをお願いします。

酒場探訪シリーズ054 まくらとよかつ 
※酒場探訪シリーズ054 まくらとよかかつ@恵比寿 ~美味しい! 焼き物はファーストオーダーのみの受付なので真剣に考えましょう。ホッピーは「ナカ」とはいわないので注意。まくらは口の中の火傷注意。 
関連記事
スポンサーサイト
【2017/10/21 23:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「多様性」の反対語って何ですか | ホーム | 【売り込み?】「HR担当者のための酒場学習論」を書きたいです>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2323-f92946dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |