FC2ブログ
品質事故ゼロは是か否か②…目的と手段から ~SSC談話029~
「私達の給与シェアード・サービス・センター(以降、SSC)は、給与計算業務における品質事故(誤支給等)をゼロにします」

昨日と同じ書き出しです。

「ゼロ」を目指すという感覚の問題点について、「コストと効果」の面から昨日は指摘をしました。今日はもう1つ、このようなスローガンはいいのですが、これは給与SSCの「目的」ではありえないことをメンバーがきちんと認識しているかどうかという問題です。

SSCの「目的」について考えてみましょう。

どんな会社がどんな組織体でどんな事業形態でSSCを設立したとしても、すべてのSSCにとって、「目的」は必ず同じはずです。それは「グループ各企業の事業に貢献する」ことです。貢献の仕方は、受託料を継続的に引き下げるといった単純財務的な貢献、外販をして外資をとってくるという貢献、コア事業に従事する社員の間接業務負担を削減するという貢献、高度でプロフェッショナルなサービスやコンサルティングを提供するという貢献、いろいろなアプローチがあります。しかし、いずれにしても目的は「グループ各企業の事業に貢献する」でしかありえません。それがSSCの定義でもあるからです。

ただ、ややもすればSSCのメンバーはこれを忘れがちで、身近なテーマを自分の仕事の目的にしてしまいがちです。「品質事故をゼロにする」なんてのもそうです。これが手段であることにきちんと気付けば、昨日の話ではありませんが「ゼロなんかにすることを目指してはいけない」ことに気付くのですが…。

「品質事故ゼロ」を目的と履き違えると、
  ・危険なので、締め切りを1日早めましょう
  ・危険なので、これからは事業会社の社員に入力はやってもらいましょう
  ・危険なので、ギリギリの訂正依頼は例外なしで断りましょう
なんて検討がされてしまったりします。これって、どうでしょうか。

ビジネス界において、手段と目的の履き違えほど怖いものはないかもしれません。


※《2008年9月2日》 昨日に続いて徹底的に残業。夜食は、神田の「暖暮」、いいですねぇ。両隣の人が、2回も替え玉をしていました。昨日のつじたの富士山を思い出しました。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/09/02 23:18】 | シェアード・サービス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ワークライフ・バランスの数値目標 | ホーム | 品質事故ゼロは是か否か①…コストと効果から ~SSC談話028~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/233-3b164d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |