FC2ブログ
第二次越境学習ブームなんですねぇ
越境学習に関する3回連続のワークショップを日本の人事部主催でやりました。
超大手企業ばかりから集まった10名程の少数ゼミナール式の会です。
ちょうどMALLでのイベントもあり、少し越境学習について考えてみました。

ワークス研究所の「WORKS」誌が「社員の放浪、歓迎 ~なぜ越境が人を鍛え、組織を強くするのか」という特集をしたのが、2013年の2月です。あの頃は確かに越境学習は少しブームになっていました。でも、それから人材育成の分野ではメジャーなワードにはならずにきたのですが、またここ数年、第二次ブームになってきている感じがします。
この分野のフロントランナーは長岡先生であり、またキヤリアの側面からとらえる荒木先生でした。そのお2人ともに「WORKS」の特集には当然、登場しています。私も「越境の達人」の1人として登場させていただいており、経営学習研究所からは「「越境」を 生かす組織に 向けて」という特集の中で、「理事同士が越境し合って運営し 学びのサードプレイスを提供」というタイトルで板谷理事と松浦研究員が対談しています。
また、特集の中に覆面座談会があります。「会社で煙たがられたって 私たちの越境は止まらない」というタイトルで、3名が登場しているのですが、昨日書いた博多のイベントの立役者もここに登場しています。覆面で越境する時代だったんだねぇ。
************************************************
越境は、キャリア観を確立した“強い個”を生み出すことにつながる。にもかかわらず、越境者たちの放浪をあまり歓迎しない組織は多いようだ。彼らはどのように煙たがられ、またそれでも会社を飛び出していくのはなぜか。覆面座談会形式で、3人に語り合ってもらった。
************************************************
という前振りで、座談会は始まります。まだ組織が社員の越境学習というものに慣れずに戸惑っていた様子がよくうかがわれます。この特集は全文をサイトから読むことができます。ご興味のある方は、こちらをご覧ください。

さて、今回のワークショップに話は戻ります。今は「第二次越境学習ブーム」といっていいんでしょうね。参加者は超大手企業ばかりから集まった10名程の人材育成担当者・責任者です。皆さんの興味は、自社の人材育成プログラムにいかに越境学習を取り込むかです。わずか6年の間で隔世の観があります。6年前には会社に隠れていく人たちの覆面座談会があったなんてね。あとからみると、この6年というのは大きな時代の変節点だったのかもしれません。
組織内人材育成の限界が明確になった、組織を超えた学びとネットワークがイノベーションを呼ぶ(かもしれない)、会社のつなぎとめる施策は逆に優秀な社員の離脱を招く、という企業側が今更気づいた事情もあって、企業が越境学習(的な要素)を人材育成メニューに取り組む必要性を感じてきたということでしょう。
ただ、個人はもっとしなやかです。働き方改革は、学びに出たいという人に時間という自由を与えました。これは実に大きなことです。副業解禁の流れも、「副業」を「覆業(伏業)」から「福業」へと変えるきっかけを作りつつあります。そんな中で学びの機会も圧倒的に増えました。学びの場をプロデュースするHR担当者も驚くほど普通にたくさんいます。世の中には学びの場があふれています(玉石混交ではありますが)。いい意味で学びが大衆化してきました。ただ、学びに出る出ないの個人差には未だに大きいものがあります。なので、超大手企業では会社が社員に越境を促そうとする検討がなされているということなのでしょう。どちらかというと、超大企業の社員の方が学びに出るのに腰が重いようです。たぶん、危機感が薄いのかもしれません。

外に出ると、たいていは自分の足りなさ、至らなさに一度は打ちひしがれます。でも、学ぶ楽しみがそれをカバーします。そして、健全かつ純粋にもっと学びたい、もっと学ばなきゃという気持ちになります。一時的に自己効力感が落ちることにより、意欲が高まるわけです。こうなると、学びの好循環が始まります。
そしてもう1つ。外に出ると、自分の意識している「境界」に気づきます。越境学習とは「境界」を超える学習ですが、何が「境界」であるかは人によって異なるのです。自分の「境界」に気づくことは、すなわち自分が本当に大切にしていることに気付くことでもあります。

個人的には、企業が社員に対して越境学習ブログラムを提供し、会社指名で人選をするというスキームはどうにもしっくりと来ません。でも、悪いことではないのかなという気はします。ただ、いやいや来る人には、学びの場に混じって欲しくないなぁというのは間違いない気持ちです。派遣するのであれば、しっかりとした事前の動機付けが必須です。


***************************************************

新酒場探訪シリーズ009 酒隷一村@門前仲町  たまたま1人で入った時があり、その時からしばしばお邪魔するようになったお店。自分が好きな店のさまざまな要素がここにはあります。本当に素敵です。5種類あるレモンサワー(実はジントニック……)が目を引きますが、いつも燗酒をいただきます。つまみは豊富で旨い。そしてカツサンドが格別。こないだのお通しなんか、カキフライとシウマイです。基本は1人で行くのがいいんだけど、最近は何となく特別のケースのみ2~3人、ご一緒に行ってます。いろいろ食べられるので、それはそれで悪くはない。

新・酒場探訪シリーズ009 酒隷一村① 

新・酒場探訪シリーズ009 酒隷一村③ 

新・酒場探訪シリーズ009 酒隷一村④ 

新・酒場探訪シリーズ009 酒隷一村② 

関連記事
スポンサーサイト
【2018/12/25 22:50】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<勝手に日本代表!! | ホーム | 長い報告です。経営学習研究所シアターモール「これからの大人の学びを考えよう!~越境学習と大[復・福]業時代の新しい学びとは?」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2363-a1c6bdbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |