FC2ブログ
「文系人材に未来はあるのか?」 ~アーカイブ:『Learning Design』第1号「議論白熱 #001」
なんか頼まれてちょこまかいろんなところに書いたりすることがあるんてすが、整理がよくないので記録がほとんどされていません。なんとなくもったいないなぁという気もするので、とりあえず手元にあるものであまり長くないものについて、ブログでアーカイブをやろうと思い立ちました。あの頃の自分に負けていないか!と自分を鼓舞させるような意味合いも少しあります。

実はたまたまとある編集者の方から退職のご連絡をいただき、その方との過去のメールのやりとりに書いた記事があって、そうだこんなこと書いてたんだぁと感慨深く思ったのがきっかけです。で、思い立ったらGO。

初回は大好きな専門誌「人材教育」が廃刊になり、その後継として昨年から出された『Learning Design』の創刊号です。大好きな専門誌の後継の創刊号に少し書かせていただけるなんて本当に光栄でした。まだ1年前くらいに書いたものです。「文系人材に未来はあるのか?」というタイトルに対して、4人のHRパーソンが応えています。目茶、文字数少ないのでなかなか大変です。

*************************************  
『Learning Design』第1号「議論白熱 #001」 (2018.7)
*************************************  
「文系人材に未来はあるのか?」
国立大改革で減りゆく人文社会系学生。しかし、18年の就職率は「文高理低」。一時、遡上に載せられた「文系不要論」をどう見るか?
*************************************
「境界を踏み越え、能力の可能性を広げるべき」
文系、理系を選択するのは20歳前後。長いビジネス人生の間にテクノロジーが進化していけば、必要になる能力、スキルはきっと変わっていく。文理というわかりやすい境界をつくってしまったがために、私たちはいらぬ苦労をしているのではないだろうか。境界は自分の心がつくるものだ。文系人材であろうと理系人材であろうと、いつまでもしなやかに学ぶ力があれば、何でもできる時代が到来しているように感じる。
*************************************  

新酒場探訪シリーズ019 縁@東銀座 ~銀座から新富町までたまに歩くことがあるんですが、この途中にはなかなか魅力的な店があります。その一軒。店内〆ラーができるのが素敵。必ず、丹沢山があります。これも嬉しい。
新・酒場探訪シリーズ019 縁① 

新・酒場探訪シリーズ019 縁②

新・酒場探訪シリーズ019 縁③

関連記事
スポンサーサイト



【2019/03/26 21:46】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「越境学習」の効能 ~アーカイブ: 日経産業新聞 HRマネジメントを考える① (2017.12) | ホーム | 梯子酒記録01 博多 2018年12月>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2380-85680640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |