FC2ブログ
「フク業を持つ生活」「フク業を持つ生き方」
私の所属する一般社団法人である経営学習研究所(MALL)では、昨年の12月に博多の街で「これからの大人の学びを考えよう!~越境学習と大[復・福]業時代の新しい学びとは?」というイベントを開催しました。有料企画であるにも関わらず、100名を超える皆さんにお集まりいただけました。

収入減をリカバリーするための副業というのもありますが、どうも時代の文脈は「フク業」(私たちはあえてカタカナでこれからは書くことにしました)」そのものではなく、「フク業を持つ生活」「フク業を持つ生き方」といったところにあるのではないかと最近、感じます。

私も6月からもう少し本気でフク業をやることにしました。毎週土曜日がこのフク業で潰れます。週6日労働になります。働き方改革に逆行した選択です。でも、「フク業を持つ生活」「フク業を持つ生き方」は魅力的なのです。

大前提として、この文脈でのフク業は「やりたくてやる」「好きだからやる」ということがないと成り立たないように思います。多くの方に「大変じゃないの」とか「よくやるね」と言われますが、この文脈での「フク業」は仕事でありながら、趣味であり、生き方であり、あり方なのだと思います。そして、けして格好いいものではなく、泥臭いものなのです。本業は100%やる前提ですから、トータル量は100%を当然に大きく超えて当然です。
でも、人によってはいずれフク業が本業化したり、本業とフク業が複業として並立して成り立ったりということもあるのでしょうが、それを合目的的にデザインしないで気分と思いと妄想で踏み出すのが私のいう「フク業を持つ生活」「フク業を持つ生き方」なのかなと思います。

「フク業を持つ生活」「フク業を持つ生き方」といった観点から、「フク業」をもっと考えていきたいと思います。次の経営学習研究所の私のラボの企画も、このテーマです。近日中にリリースします。たぶん、これが新しい時代の豊かな生き方につながるように思います。

で、実はもう1つまったく別のフク業を考えています。まだ道はできていないのですが、少しずつ仕込んでいきます。

 ********************************************************************
新酒場探訪シリーズ030 degusta@弘前 ~昨年は弘前で2回呑みました。素敵でお洒落な角打ち、立ち飲みです。「スタンドバーできゅすたの楽しみ方」なんてほんと素敵です。間口さんのサインも。
新・酒場探訪シリーズ030 BAR DEGUSTA① 

新・酒場探訪シリーズ030 BAR DEGUSTA②

新・酒場探訪シリーズ030 BAR DEGUSTA③

新・酒場探訪シリーズ030 BAR DEGUSTA④





関連記事
スポンサーサイト



【2019/04/30 09:40】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「人事という仕事」 ~アーカイブ:『日本の人事部 2月2日は人事の日』(2017.02) | ホーム | 梯子酒記録05 野毛 2019年04月>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/2397-21043e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |