FC2ブログ
イシューは決めるもの
昨日(13日)からの続きの復習です。

本日のテーマは「イシューは決めるもの」。

「イシュー」って私はあまりつかわない単語でしたが、問題解決のステップでは「解決すべき課題は何か」であり、会議なんかの場では「今、我々は何の話をしているのか」とでもいったものです。適切な日本語の単語が思いつきませんので、このまま使用しましょう。

さて、「イシュー」が明確でなく、またどんどんズレていってしまうことが日常のビジネスシーンでは多々あります。よく意識していると、日に10回はみつかりますよ。

①イシューを明確に特定する
②イシューを押さえ続ける


の2つだけでもきちんと実行できていれば、それでかなりの業務改革になるような気がします。

で、テーマの「イシューは決めるもの」ですが、ビジネス社会では基本的に「イシュー」は与えられるものや黙っていても決まるものではなく「決めるもの」なのです。同じ状況であっても、人によって自分の頭の構築する「イシュー」は微妙に違ってきます。そのままの状態で議論を始めてしまうと、議論の方向は錯綜し、会議が1人で踊り始めてしまうわけです。ですから、「イシュー」を特定し、それをメンバーに周知徹底することは、リーダーの大事な役割りです。「先月の売上が悪かった」という状況を受けた全国の営業所長が、当月の各地での営業会議における討議事項の「イシュー」をどのように定めるか、リーダーの仕事そのものですね。

当然ですが、「イシュー」には正解といったものはありません。ですから、真剣に自分の頭で考えて決めるしかありません。でも、いくつかポイントはありますね。

ビジネスにおいては最終的には成果に結びつくアクションが必要なわけですから、単なる分析屋的な「イシュー」は意味がありません。何がやりたいから、今これをやる、という流れで考えられている必要があります。そして決めたらとにかく具体的に表現をすることです。具体的に表現をしないと、相手には正確に伝わりません。そうなってしまうと、結局はズレた「イシュー」を抱えながら、2時間の会議を過ごしてしまった、ということになりかねません。

「イシュー」ってこのコースの初日からやってるんですけど、なかなか身につかないんですね、これが。



ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/09/14 23:53】 | 仕事の進め方 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ちょっと整理です…9月前半編 | ホーム | 問題解決のステップ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/245-1f308f09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |