FC2ブログ
好奇心がキーワード
またまた続きで、先日のキャリアデザイン学会で発表した「学生が社会人基礎力を経験学習により向上させるプロセス」という研究の中から、比較的私が興味深く感じたテーマで、かつここで簡単に説明しやすいデータをご紹介していきます。6日目になりますが、そろそろ疲れたので今日で一区切りとします。用語等で不明の部分は、お手数ですが10月5日のブログに戻ってご確認ください。

今日は「思考・行動特性」が大学生の社会人基礎力の向上に与える影響についてです。

質問紙調査で6つの思考・行動特性を確認した上で、向上群・停滞群(10月5日のブログ参照)、因果関係強群・因果関係弱群(10月8日のブログ参照)の比較をしました。6つの思考・行動特性とは以下のとおりです。

①持続⇔中断
  持続…物事を最後までやり遂げる
  中断…物事を途中であきらめる
②楽観⇔悲観
  楽観…何とかできると思うことが多い
  悲観…失敗しそうで不安になることが多い
③好奇心⇔消極
  好奇心…いろいろなことを知りたい・学びたい
  消極…余計なことにはあまり関わりたくない
④挑戦⇔無難
  挑戦…難しいこと、初めてのことに挑戦する
  無難…確実にできること、手馴れたことをする
⑤柔軟性⇔硬直性
  柔軟性…人の意見を参考にしてやり方を見直す
  硬直性…人の意見よりも自分のやり方を優先する
⑥他者評価⇔自己評価
  他者評価…周囲の評価を重視する
  自己評価…自己評価を重視する

向上群・停滞群でみると、「持続」、「楽観」、「好奇心」、「挑戦」で、向上群が有意に高い傾向が出ています。因果関係強群・因果関係弱群では、「好奇心」のみに有意な差が出ており、それもかなり強い傾向が出ました。双方に共通する要素として、「好奇心」は1つのキーワードかと思います。
プランドハプンスタンスに結びつきますね。


※《2008年10月11日》 神戸でのイベントは無事に終えて一安心。ただし、終了後、東京に戻り夜は会議です。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/10/10 23:45】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<GCDF継続学習勉強会 | ホーム | 経験学習モデルから>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/272-7da8b3d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |