FC2ブログ
「就職Shop」を応援したいですね
GCDFの勉強会で、「就職Shop」のお話を聞きました。

「就職Shop」については、以前にここでもご紹介をしましたが、リクルート社が展開する民間版ハローワークとでもいうものであり、これまで媒体での就職支援が主体であったリクルート社によるリアル支援機能だともいえます。ターゲットは、職歴・スキルがけして十分ではない若手層と、中小企業になります。

理念は整理してみるとおおよそ以下のようになりますでしょうか。

「職歴やスキルは不足しているが正社員で就職を希望する若年者」と「未経験の若手人材を採用する企業」のマッチングを行い、1人でも多くの若者がいきいきと働ける社会を創造することをめざして、リアル拠点の展開を行う。

リクナビなどの媒体経由の就職活動は、基本的には何でも自分でやることが求められます。紹介業を活用すればそうではありませんが、スキルも経験も乏しい人にはなかなか求人がまわってきません。結果、ネットをみて、行きたい企業を選択し、エントリーをして、面接を受ける、すべて自分で決めて、自分で動かなければなりません。自分で動き方がわかっている人には問題がありませんが、それがわからず誰かの助けが必要な層が少なからずいます。そんな層にもいい仕事をできる若者が多数います。誰かが手助けをすることによって動けるようになるような人の支援をする機能って、ありそうであまりありませんでした。相談をすることによって、求職活動を促進させるわけです。

また、なんだかんだいっても、日本は「再チャレンジ」ができない国です。就職の局面でその最たるものが「書類選考」「経験者優先」の壁です。学校を出て、最初の企業で「書類にかける良い職業経験」が出来なかった人は、「書類選考」「経験者優先」の壁を簡単にはクリアすることができません。就職Shopが企業に人材を紹介する際には、書類選考がありません。未経験OKの人物重視が前提となります。当日、本人が持参するまで、何も書類は企業側には与えられません。

実は、中小企業の選考での基本は完全な「人物重視」です。変に書類などを出させるから、経験が気になるのです。ですから、「書類選考なし」というのは合理的な考え方なのかもしれません。そのかわり、求職者と面談をしたキャリアカウンセラーがきちんと適性・志向性を見極め、本人にもあるレベルまでの腹決めをきちんとさせた上で、面接の場に送りこむわけですから、通り一遍の書面上の職歴などからの判断なんかよりも、よっぽど信頼がおけるのではないでしょうか。

けしてきれいごとではなく、日本の中小企業を支援し、日本の若者を支援する仕掛けとして、「就職Shop」は意義ある仕事をされていると実感します。何といっても、日本経済の将来のキーは「若者」と「中小企業」なのだと思いますから、とても大事なことです


※《2008年10月13日》 昨日・今日と7時間以上睡眠をとっています。普段は、4~5時間がやっとですが、6時間は睡眠をとらないと人はマズイとのこと。確かに7時間眠ると頭の回転は悪くないようで、今日は仕事もはかどり、本も一冊読了しました。ブックオフくらいしか外には出なかったけど…。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/10/13 23:44】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<2010年の新卒採用はどうなるのでしょうか | ホーム | 図書紹介: 『マイナス・ゼロ』 広瀬正著 (集英社文庫) >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/275-b5a10b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |