FC2ブログ
山形大学工学部「就活の風」
山形大学工学部生のための就活支援冊子「就活の風」という冊子があります。

今年のキャリアデザイン学会での発表がきっかけで知り合った山形大学工学部キャリアセンターの皆さんと、先日、新丸ビルの沖縄料理屋で夕方から飲みました。学会で名刺交換をさせていただいた方、全員に対して御礼メールを送ったところ、すぐに山形大学の方から返信をいただき、その返信に「上京される日程があればお会いしたいので是非教えてください」と書いたところ、またまたすぐに「来週に予定がある」とのお返事をいただき、「では、夕方から飲みませんか」と戻したところ、「いいですね」とまたすぐご連絡をいただき、先方3名、当方(その日にこれた)4名での沖縄料理の会となった次第です。

このよどみのない前向きさとテンポがとても好きです。どうも経験上「キャリア」の世界に何となくつながりを持っている人には、この傾向がかなりあります。

さて、そこでいただいたのが冒頭に紹介した「就活の風」なのですが、学校から支援を受けつつも大学生が自分達で制作している冊子です。何となく就活サークル的な動きって文系学生の専売特許なのかなと勝手に勘違いしていたことと、山形というある意味、失礼ですが地方都市でこのような取り組みをされていることで大変に感動しました。中味もかなりしっかりしていますし、レイアウトや装丁もなかなか洗練されています。「就活の風」第2号では「企業が求めるコミュニケーション能力とは?」という特集をしていますが、そのキャッチフレーズが「言葉のキャッチボール。あなたは受け取れていますか?」となっており、このフレーズなどなかなか秀逸ではないかと思います。

表4にある「メンバー募集」の説明の中に、次のような記述がありました。

私たちプロステップ(「就活の風」を制作しているチーム名なのでしょう)は就職活動情報誌「就活の風」の製作を通して、企画力、マネージメント力、実行力を身につけ、キャリアアップを目指すチームです。プロステップの醍醐味として、
 ①企業の人と実際に話ができる
 ②遠慮なく意見がいえる
 ③メンバーが意欲的かつ積極的
 ④実践でビジネスマナーを学べる

よくわかっています。いうことありませんね。社会人基礎力を高める要素が満載されています。

また、ここのキャリアセンターの方、「私たちは日本一のキャリア教育を目指します」と言い切っています。素敵です。

山形に行かねば、と思っています。


《2008年11月11日》 今日は、チーズの日、折り紙の日、ピーナッツの日、サッカーの日、鮭の日、下駄の日、きりたんぽの日、かりんとうの日、モヤシの日、煙突の日、そしてポッキー&プリッツの日でした。夜は関係ありませんが、丸の内の慶應MCCにて打ち合わせた後に、西麻布の「おそばの甲賀」に。また、最後まで居座ってしまいました。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/11/11 23:41】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<管理統制型と自律型、2つのマネジメント | ホーム | よりよい目標を設定するための3つのポイント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/304-2b30e38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |