FC2ブログ
キャリア自律している人の行動様式
「自律型マネジメント」について昨日は取り上げましたが、慶應義塾大学SFC研究所キャリアリソースラポラトリーが、以前に「キャリア自律ができている人の行動様式」というものを整理しています。

《ジョブデザイン行動》
①自分の価値観やポリシーを持って仕事に取り組んでいる
②社会の変化、ビジネス動向について、自分なりの見解を持っている
③部署・チームを超えて、積極的に周囲の人を巻き込みながら仕事をやっている
④仕事の進め方や企画を立てる上で、今までの仕事の延長上のやり方ではなく、自分なりの発想を持って取り組んでいる。
⑤自分の満足感を高めるように、仕事のやり方を工夫している

《ネットワーキング行動》
①新しいネットワークづくりに常に取り組んでいる
②自分のネットワークを構成する個々人がどんなニーズを持っているかを把握し、それに応えようとしている
③自分の問題意識や考えを社内外のキーパーソンに共有してもらうようにしている

《スキル開発行動》
①今後どのようなスキルを開発していくのか、具体的なアクションプランを持っている
②スキル・能力開発のために自己投資をしている

原点は個々人の前向きさにあります。

いずれにしても、こんな仕事のやり方、行動ができる人は、絶対にいい仕事をできる人です。


※《2008年11月13日》 中期計画の重点施策なるものをまとめており深夜残業。帰りはタクシーでビール。自費居酒屋タクシーです。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/11/13 23:18】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<自律人材と自立人材 | ホーム | 管理統制型と自律型、2つのマネジメント>>
コメント
社外ネットワーキング
じぇいさん。暫くぶりに寄らせて頂きました。社外ネットワーキングに関し、最近、感じたことを書き記させて頂きます。

ボーダレスでグローバル&デジタルな21世紀で成功する必須要件の一つが、ネットワーキング行動の充実だと思っています。さらに言えば、自分と正反対の考えを持つ人、全く異なる価値観を持つ人とのネットワーキングを意識し広げていくことが、重要だと感じています。どうしても同じ国籍とか会社とか、同じ仲間との付き合いは楽だし、心地良いしのですが、何かあったときに限界が突破できません。

アメリカで思うのは、国そのものが、多種多様なダイバーシティの受容性を保持し、びっくりする位、個人の考え方や方向性が違うということ。また、皆が、それを受入れ理解しようとしているということ。オバマが大統領になりましたが、SNSを駆使した戦術もありますが、多様性を受入れる国民だからこそだと思いました。

一方、日本社会は、異質は排除され、「うざい」という言葉で切り捨てられる側面があります。その結果かどうかは分かりませんが、少なくても、考える幅が狭いのは事実で、それもあり、残念ながら世界で通用する人材が極端に少ない。これからは、ブロークンイングリッシュで全然構わないから、我々日本人も世界で堂々と思ったことがロジカルに主張出来、反論がきちんとでき、多様性を理解した上で、話のイニシアティブが取れ、真のビジネスリーダーシップを発揮できるように早急になる必要があると思います。

そのためにも、日頃から、一緒にいて、居心地の悪くなる人やイライラする人さらには、全く背景の違ったあらゆる文化を持つ多数の外国人と積極的に交流、議論し、自分の考えを伝える訓練、説得、あるいはそのような人々を理解する努力をすることが必要だと思っています。これは意識しないとなかなか出来ませんが、意識すると、どんどん世界が広がると思います。

最近、朝飯、昼飯を社外の人とのビジネスミーティングや打合せで、スケジュールを一杯にしています。アメリカは夜はプライベートで誘うと嫌がられますので、朝、ドーナツとコーヒーをおごってあげて、昼はスタバでてな具合で一日2人と会えば、月に40人とネットワーキングできます。コストもおごってあげても一人5ドル程度です。

情報を交換することで、新たなビジネスチャンスにもつながると思います。また個の部分にも入り込め「あーこの人はこう思っていたのか!ちょっと誤解していたなぁ」とか「あー、こういう考えもあるのか!こちらも少し改めないといけないなぁー」と驚きの連続です。

もっとも、相手にも自分と会いたいと思わせるだけの情報を常に仕入れ、ギブ&テイクにしないと、嫌がられますから、自分を磨く必要があります。また、この人と会いたいと思わせないと、それっきりになってしまいますからね。

さて、また寄らせて頂きます。ネットワーキングに社内外とありましたので、共感しました。さらに、あらゆる国籍、年齢の人と入れるとさらに良いと思いました。
【2008/11/14 07:36】 URL | マイケル #-[ 編集] | page top↑
マイケルさん、熱い思いの入ったコメントありがとうございます。最後に書かれている「ギブ&テイク」が大事ですよね。会いたいと思ってもらえる自分になれば、ネットワークってちょっとの努力と思いでできていくようにも思います。最初がギブで、次がテイクなのが、この言葉のポイントですよね。
【2008/11/15 11:04】 URL | ※じぇい※ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/306-e86c83e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |