FC2ブログ
どこまでが自分の権限なのか
日本企業って、権限規定が明確じゃありませんよね(外資系企業で働いたこともないのに決め付けていますが)。

ミドル問題の話でだいぶ前に取り上げましたが、「経営者的な目線で自立して目標を設定し遂行していくことが、今日的ミドルには期待されている」なんてトップが綺麗な話をしているそばで、ミドルの仕事の進め方、目標設定に関する自律性は著しく低下していて、経営者的に働けと言われているにもかかわらず、仕事の自由度は逆に下がっているという現実があります。このあたり、権限規定が変わってそうなったというよりは、いろいろな意味での管理統制が強くなったり、ミドルがプレマネ化して十分な時間がなくなったり、ミドル自身がリスクをとる判断をしなくなったり、いろろいな要素があるのでしょう。

そもそも権限が不明確な組織では、「あの人がやっているから、あそこまでは大丈夫かな」という判断以外の基準はありません。でも結構、今のご時世ですから、ミドル自身が意を決して判断して、良くない結果が出るケースも少なくないでしょう。そうすると「どうして勝手にやったんだ!」となりますから、学習するミドルとしては次からは、念のために事前に上司の耳に入れて……、なんてことをやってしまい、気付いてみると組織は自律性とスピード感と活性を失い、ミドルは働きがいを失い、なんて帰結になります。さらには、ミドルも若手に対して同じように「どうして勝手にやったんだ!」なんていっちゃったりするので、とても手堅い、リスク回避にたけた組織ができあがります。でも、そんな組織にも経済危機も不況もやってきます。その時にそれに立ち向かうだけのパワーが存在しているかが問題です。

私はよく「それはお前が決めることではない」といわれるところまでが自分の権限だと勝手なことをいっていますが、20年を越える企業人生で、まだ1回しかいわれたことはありません。でも、結構、あらかじめ自重した判断しちゃってるんですよねぇ、これが。


※《2008年11月19日》 寒かったですねぇ。本日、初コート、という人も多かったのではないでしょうか。私はまだ我慢しています。ということで、ちょっと風邪気味です。早く寝ます。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/11/19 23:57】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プレマネの仕事の寿命は7年 | ホーム | SSC創立時の初心に戻って ~SSC談話031~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/312-85dd45c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |