FC2ブログ
E型リーダーシップ
「E型リーダーシップ」という言葉をご存知ですか。

日本生産性本部(現社会経済生産性本部)が1980年代初頭に提唱した概念で、職場に「面白さ」を醸し出して部下をエキサイトさせることにより、組織全体を質的に高い次元へと転嫁させる触媒型のリーダーシップのことをいうそうです。従来からマネジメントが担う機能として指摘されていた「課題達成機能(P機能)」、「支持・支援機能(S機能)」に、新たに「活力形成機能(E機能)」を加えた三次元モデルとして提唱されています。

私が社会人になる前の話だったこともあり、たまたま昨日ご紹介させていただいた谷内先生の「日本的雇用システムの特質と変容」でこのことを読むまでまったく知りませんでした。しかし、内容としてはまさに今の時代こそこの「E型リーダーシップ」が必要な時代はないように感じますね。どこの会社の職場をみても、一昔前のような同質的な集団ではなく、いろいろな価値観を持った、またいろいろな雇用形態メンバーからなる職場集団となってきています。また、組織を超えた、時には企業を超えたプロジェクトや協働もごくごく普通になってきました。そうなると求められるマネジメントは、どうしても個を重視し、自律を促進させたものになってきます。その際、リーダーには職場に「面白さ」を醸し出すことによって、メンバーを束ねていく力量が求められるはずです。

E型リーダーシップと聞いて、JR民営化の際に使われていた「E電」という言葉を思い出しました。いずれも言葉としては定着しませんでしたが、概念としては綿々と活きていますね。


※《2008年12月21日》 左手の中指が腱鞘炎の一種らしいですが、ばね指という症状になり、痛くてしかたがないので、病院にいってステロイド注射を先週打ってもらいました。手のひらに直接注射をするので非常に痛いです。数日はまだ指がちゃんと伸びずにもう一回打たなきゃ駄目かなぁ(去年の2月に注射を打った際は1週間あけて2回でした)と思っていたら、この週末から調子が良くなってきました。ただ、完全にもとから治癒しているわけではないので、いずれは手術ですと脅かされています。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/12/21 23:15】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<SSCとクレーム ~SSC談話034~ | ホーム | 図書紹介:『日本的雇用システムの特質と変容』谷内篤博著(泉文堂)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/344-9841a14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |