FC2ブログ
言葉はやはり力です
前の会社の退職が決まって、いろいろな人からいろいろな話をいただきましたが、その中で多いのが、「昔、○○といっていただいた言葉は忘れられません」というパターンの奴です。採用を長くやっていたので、採用局面での言葉などは特に残りますね。また、配属面談の話も数多く出ました。飲み会で言われたことなんてのも結構ありました。いずれにしても、1つ1つの言葉が相手には深く突き刺さる可能性があるということは、肝に銘じなければならないですね。特に人事なんていう仕事ではそうだ、と改めて感じました。

でも、相手にとって何か心に残る言葉を残せるということは幸せなことです。

このブログでも、いわゆる名言的なものの引用をしばしばしますが、言葉はやはり力です。カウンセリングなんかで人が元気になっていけるのも、1つには「言葉に出す」効果があるのだと思います。今日の午後は、gcdfのクラスの手伝いをしてきましたが、皆さん真剣にヘルピングに取り組みつつ、言葉の難しさを実感されていたことだろうと思います。

実は「昔、○○といっていただいた言葉は忘れられません」と言ってくれることのなかで、完全にシーンまでありありと記憶しているものもありますが、確かに俺が言いそうな話だけど、はっきり記憶してないなぁというものまであります。私は大勢の新入社員のうちの1人として対処していますが、彼ら彼女らからは自分の採用担当者であり、自分の新入社員研修担当者であり、自分の配属面談者なのですから、このギャップはある意味では当たり前だと思うしかないのですが、とにかく一場面、一場面を常に真剣にやらなければならないと改めて感じさせられました。


※《2009年1月11日》 のどがぎりぎり回復し、gcdfの手伝いが何とかできました。でも、かなり不調で満足せず。もちろん体調のせいだけけにしてはいけません。勉強になりました。いずれにしても、風邪には煮込みうどんですね。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/01/11 21:19】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<迫力と説得力の両方が | ホーム | 経営の問題とは、つまるところ人間の問題>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/365-63e0f200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |