FC2ブログ
新入社員研修で必要なこと
2月です。風は強いですが、久しぶりの青空でしたね。でも、外は寒かったです。

あと二ヶ月すると、日本中の企業に新入社員が入ってきます。新卒一括採用という日本の風習が、1つの春の風物詩になっているのは、悪いことでもないように思います。おそらく全国で何万人という新入社員研修者が、愛情を込めて新入社員研修のカリキュラムを検討している時期かと思います。

私のいる会社でもご多分にもれず担当者がいろいろと知恵を絞ってくれています。新入社員研修期間を2カ月見込んでいますので、メニューを作るのもなかなか大変です。

企業によって、担当者の思いによって、新入社員研修に込める狙いは変わってくると思いますが、今時点では、私は新入社員研修の役割は次の3つだと思っています。

 ①学生から企業人へのソフトランディングのための期間
 ②学生から企業人への意識変革、マインドセットの場
 ③配属後に仕事をやりぬくための基本的な武器を与える時間

私が始めて新入社員研修を担当したのは1991年ですから、18年も前のことです。この頃の受講者は既に40歳をむかえ、多くは立派なマネージャーになっています。その頃のメニューと比較すると、今の研修では③の要素をやや強めざるをないというのが印象です。

では新入社員研修中に与えておく必要のある武器とは何でしょうか。言い出すとキリがないのでしょうが、最小限で表現すると、私は以下の4つだと思います。

①あいさつ(基本的なビジネスマナーを含みます)
②報告・連絡・相談
③PDCAサイクルのまわし方
④ストレスに対するセルフ対処の考え方

かなり古典的ですね。実際、10年以上前にやった研修メニューをみても、①~③は入っています。④はここ10年で必要性の増してきたテーマですね。これらを新入社員研修で取り上げるのは、企業人として何よりも必要だからということに加え、この4つはいずれも良い研修を提供すれば、それなりに身のつくものだからです。

私は基本的には、①~③が身について、人の話を聞けるだけの素直さがあれば、とりあえずは問題なく仕事に入れると思います。実は一番、難しいのが「素直さ」なのですが、これを研修で身につけさせるのは容易ではありません。根源的な気付きがなければ、身につけられないものですから。


※《2009年2月1日》 昨日、牛タンを食べている時に、自分の舌まで噛んでしまい、痛みが引きません。口内炎のときもそうですが、口の中のほんの小さな傷が、全体の集中力を失わせます。

ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/02/01 22:49】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<心を丸く~イメージの世界 | ホーム | ちょっと整理です…1月後半編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/386-36076792
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |