FC2ブログ
学生はどんな局面に遅刻をしないか
先日のキャリアデザイン学会の勉強会で、「学生がどんな局面に遅刻しないか」について、法政大学の諏訪教授が調査されたデータを拝見しましたが、結構、はっきりしています。

①アルバイト       94.1%
②ゼミナール      78.9%
③必修科目        73.7%
④友達の待ち合わせ   57.9%
⑤サークル        46.0%
⑥選択科目        41.1%
     
学生のグループと先日、話をした際に、この実感度を聞きましたら、ほぼそのとおりだとのこと。選択肢にはないが、「試験」というのもあまり遅刻しない、といっていました(当たり前のような気がしますが…)。先輩後輩関係が強い一部の体育会の学生を除いては、アルバイトというのは規律を学ぶには明らかに良い機会になっているようですね。まあ、企業人でも、客先訪問の時間は守るけど、会議の定刻には来ない人もいたりするので、偉そうにはいえないですけどね。


※ 《2月22日》 痛みを増すばかりの腱鞘炎と「ばね指」なので、今日はステロイド注射をすることにしました。一週間おきに数回打って駄目なら手術です。それにしても、手のひらに注射を打ってもらうのって気持ち悪いですよ。痛かったし。少し症状がやわらいだような気がします。今日は素敵な方をご紹介いただき、いろいろとお話を聞きました。整理できたら、ここでも何かご案内をしますね。

  ←よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/02/22 21:30】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<図書紹介:『死神の精度』伊坂幸太郎著(文春文庫) | ホーム | 業務改善の目的と罠>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/40-88bd997e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |