FC2ブログ
失敗するプロジェクト
プロジェクトマネジメントの整理の続きです。

昨日の「成功するプロジェクト」に対比させて、「失敗するプロジェクト」です。

プロジェクトの失敗の最大の要素は「コミュニケーション不足」に他なりません。

コミュニケーションはメンバーとだけとればいいわけではありませんから、プロジェクトを取り巻くステークホルダーについてしっかりとした分析を行い、誰とどのような情報の交換をどのようにしなければならないのかを明確にしておくことは大切です。いうまでもありませんが、コミュニケーションはメールや文書ばかりに頼らずに、文書と口頭を適切に使い分けることがポイントになります。忙しいときこそ、これには意識をする必要があります。

さて、プロジェクトチーム内のコミュニケーションが欠如するとどんなことが起こるでしょうか。
 ①自分以外のメンバーに対して関心が乏しくなる
 ②チームとしての行動ができなくなる
 ③納期遅延が当然というムードに陥る
いうまでもありませんが、プロジェクトリーダーはこのような事態に陥る前に手をつけることが必要です。

コミュニケーションがよくとれた「良いチーム」とは以下のようなチームです。
 ①チームメンバーそれぞれがチームの一員であることを実感できる
 ②お互いを信頼でき、チームとしての行動ができる
 ③プロジェクト全体の目的に沿った行動ができる
 ④活発で有意義なコミュニケーションがある
 ⑤プロジェクトチームのパフォーマンス(業務達成度)が高い

逆に「悪いチーム」は以下のような状況に陥ります。
 ①チームメンバーそれぞれがチームの一員と感じられない
 ②お互いに信頼できないで単なる個人の集まりの状態
 ③プロジェクト全体の目的を理解していない
 ④プロジェクトの目標より自分の課題を優先させる
 ⑤チームメンバー同士の争いや、自分の防御に多くのエネルギーを使う

アメリカのある調査からだそうですが、人はやる気を失うと25%のパフォーマンスしか出さなくなるといいます。これは普通の4分1ですから、相当な戦力ダウンですね。ちなみに、この25%というのは、会社の中でクビにならないで手を抜くぎりぎりのラインだそうです。生存本能だけはきちんとあるわけですね。

《2009年5月8日》 22時を過ぎる頃、ふと周りを見渡すと、まるでお昼ではないかというくらい、大勢が働いています。月初の少ない5月の特殊性もあったり、経験者採用のオーダーをたくさんもらっていたりと事情はありますが、本当に頭が下がります。長時間労働自体はエンゲージメントさえされていれば悪いとは思いませんが、効率の悪い長時間労働はいただけません。また、やってて楽しくないでしょう。いろいろと改善を入れて、効率化は常に意識しなければいけませんね。毎朝、体重を計ると太らないのと一緒で、日々効率化を考えているときっと効果は出るはずです。


ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/05/08 23:18】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プロジェクトの計画フェーズ | ホーム | 成功するプロジェクト>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/483-23b573b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |