FC2ブログ
プロジェクトにおけるチームビルディング
さらにプロジェクトマネジメントの整理・復習の続きです。

今日は「チームビルディング」です。

間違えてはいけないのは、メンバーを集めてチームを結成することを「チームビルディング」とはいいません。「チームビルディング」とはその結成されたチームを単なる「集団」から、「効果的で効率的なチーム」、すなわち「熱く燃えて戦える集団」に作り上げることにほかなりません。

「チームビルディング」のプロセスは以下のとおりです。

 ①成立期…個人が寄せ集まった状態
 ②動乱期…個々の主張がぶつかりあう状態
 ③安定期…チームとしての一体感が芽生えてくる状態
 ④遂行期…チームメンバーが信頼で結ばれ、生産性が高くなっている状態
 ⑤解散…プロジェクトが終了し、チームメンバーが解散される

これをチームの状態にフォーカスして説明すると、以下のとおりになります。

 ①個人の集まり…個人中心、個人の目標重視
 ②グループ…リーダー中心の活動、グループ目標を持つ
 ③チーム…目的中心の活動、行動や意思決定が目的に合わせて実施できる、相互依存の関係

こちらの方がわかりやすいですかね、いかにプロジェクトの早期の段階において「③チーム」のレベルまでプロジェクトを引き上げることができるかどうかが、プロジェクトマネージャーの腕の見せどころです。

一昨日にも紹介しましたが、「良いチーム」と「悪いチーム」の対比です。

「良いチーム」
  ①チームメンバーそれぞれがチームの一員であることを実感できる
  ②お互いを信頼でき、チームとしての行動ができる
  ③プロジェクト全体の目的に沿った行動ができる
  ④活発で有意義なコミュニケーションがある
  ⑤プロジェクトチームのパフォーマンス(業務達成度)が高い

「悪いチーム」
  ①チームメンバーそれぞれがチームの一員と感じられない
  ②お互いに信頼できないで単なる個人の集まりの状態
  ③プロジェクト全体の目的を理解していない
  ④プロジェクトの目標より自分の課題を優先させる
  ⑤チームメンバー同士の争いや、自分の防御に多くのエネルギーを使う

「チームビルディング」は簡単にできるものではありません。だから、できた「チーム」は貴重なんです。そして、リーダーはまたプロジェクト・リーダーをやりたいな、と思うわけです。

《2009年5月10日》 ゴールデンウィークの後半から腰を痛めて、コルセット生活が久しぶりに続いていましたが、今日は試しにつけずにすごしました。怖いのでヨガはお休みです。比較的、家でたまった仕事や、研修なんかで話すPPT作成などをやっていましたが、BGMはRCサクセションです。


ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/05/10 22:46】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<プロジェクトのおけるリスクマネジメント | ホーム | プロジェクトの計画フェーズ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/485-45b3ecc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |