FC2ブログ
図書紹介:『知らないと損する労災保険』 近藤恵子著(東洋経済新報社)
労災保険のついて全体的に理解をしたい人には、ちょうど良い本です。

労災保険って、実は業務では結構絡むのですが、なかなか網羅的・体系的には勉強をしないものです。完全に暗記的に知っている必要はないのでずか、あれっこれはちょっと専門家に相談すべきテーマじゃないかなという感覚を養うのがリーガルマインド教育だと私は思っていますが、本書を一読しておけば、そのレベルには達することができます。

労災保険全般について、平易にわかりやすく書かれています。見開き2ページで1テーマとなっており、原則的に右側に解説文、左側にイラストという構成になっているのですが、イラストも単なるイラストではなく、イラストを活用した概要説明のような狙いになっており、見て理解しやすい仕掛けがなされています。

著者の近藤さんとは、近藤さんが独立される前からのご縁であり、いろいろな場面でお世話になりました。何度か、監督署・社保事務所にもご同行いただいたりしたこともありますし、社内・業界でいろいろと勉強会・研修会などもしていただきました。非常にわかりやすく、明るくお話をされる方であり、本書をみる限り、お話と同様に文章も上手なようです。

最近は知人が立て続けに書籍を出されています。私はちょっとばたばたしており思考が止まってしまっていますが、今年の下期からは真剣に考えようかなぁ、なんて思ったりもします。でも、本当の本当の本当に真剣にならないとできないことです。

《2009年5月29日》 なかなか感動的な新入社員研修のフィナーレ、そして打ち上げでした。人に接する仕事をしている醍醐味です。


ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/05/29 23:13】 | 書籍紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<モティベーションの自己調整 | ホーム | 潜在意識>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/505-a248f3f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |