FC2ブログ
GCDFの12のコンピテンシー
昨日話に出たGCDFの12のコンピテンシーです。ここでいう『コンピテンシー』とは、「ある職務遂行のために必要な能力・力量」という意味合いで使われています。

GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラムでは、米国CCE, Incが規定している12のコンピテンシーを身に付けることを目標とし、さらに日本独自にGCDF-Japanとして必要となる2つのコンピテンシーを追加しています。いかがでしょうか。

①キャリア・ディベロプメント理論・モデル
キャリアに関する各理論的アプローチを理解している。

②ヘルピング
GCDF-Japanとしての基本的態度を有し、ヘルピングの5ステッププロセスと、スキルおよびその理論的背景を知っている。

③キャリア・アセスメント
クライアントにとっては適切なアセスメント、アセスメントトレーニングを理解、利用できる。フォーマルアセスメントは発行元ガイドラインに従い、実施利用する。

④法律とGCDFとしての倫理
GCDF倫理規定を理解し、それに従うことができる。また、現行の労働関係法規を理解している。

⑤特別なニーズを持つ人々との協働
さまざまなニーズをもつグループや集団の特別なニーズを理解し、サービスを提供する。

⑥労働市場情報とその情報源(リソース)
労働市場や職業情報とその傾向を理解している。最新の情報源を活用する。

⑦テクノロジー
最新のテクノロジーであるコンピュータ(PC)やインターネットを活用する。

⑧エンプロイアビリティ・スキル
就職転職活動手法やクライアントが雇用されるための能力開発を援助する。

⑨クライアントおよび同僚のトレーニング
クライアントがキャリアゴールを達成するためのトレーニングプログラムを開発する。そのプログラムを活用して同僚のGCDFやクライアントのトレーニングを実施する。

⑩キャリア・ディベロプメント・プログラム
さまざまな組織・専門家と協力しながら、クライアントのキャリアディベロプメントを促進するプログラムを開発・運営することができる。

⑪プロモーションと広報活動
キャリアに関する研究会・事例研究会の計画、実践など、キャリアディベロプメントプログラムをマーケティング、促進する。

⑫コンサルテーションを受ける
定期的に専門家(カウンセラーなど)と相談する。

さらに、GCDF-Japanでは、日本でのキャリア支援に必要である2つのコンピテンシーを独自に追加設定しています。
⑬ストレスマネジメントとメンタルヘルス
⑭ファイナンシャルプランニング

私はついでにGCDFそのもののプロモーションをして、仲間を増やすのが好きです。いかがでしょうか。皆さんもこんなコンピテンシーを身につけてみたいと思いませんか。

《2009年6月7日》 ワールドカップ決めましたね。いつも、岡田監督のコメントは好感が持てます。


ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/06/07 23:36】 | キャリア~全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スローキャリア | ホーム | GCDF継続学習会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/519-36a2ad73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |