FC2ブログ
企業が求める人材のポイント
EQジャパンからのメールマガジンで、企業が求める人材のポイントがここ数年で相当に変化してきているとの指摘がありました。

まず、もともと求められており、今も普遍的に求められてるポイントとしては、以下が挙げられています。

  明るさ、外交的、協調性、素直……性格的な要素
  学歴、知識、一般常識……知的能力

これに加えて、近年求められてきている+αとして、以下のような点を指摘しています。

 ①空気&気持ちが読める (これがないと、空気&気持ちが読めず、孤立する)
 
 ②キレない、セルフコントロールができる (これがないと、職場の空気を乱したり、クライアント先とトラブルを起す)
 
 ③メンタルがタフ (これがないと、プレッシャーやストレスに潰される)
 
 ④コミュニケーション能力が高い (これがないと、人間関係や信頼関係がつくれない)
 
 ⑤他者を巻き込んでうまく協業できる (これがないと、一人で仕事や情報を抱え込む)

これらは、いすずれもEQの要素であり、ますますEQに着目することが大切であるという流れになるのですが、これはメールマガジンの送り主からいって、当然の流れですね。それにしても、いずれの要素も確か重要です。でも、改めて読むとこれらの要素が最近になって突然求められてきたわけではないことにも気づきます。いずれも、かななり普遍的に仕事をするためにはもともと必要なことです。

にも関わらず、これらの要素が最近になって特に求められるようになったのだとすると、以下の3つの理由が考えられます。

①最近の採用対象者(若者としましょうか)は、これらの力が特に弱体化している
②最近の企業における仕事環境・仕事の進め方が、従来以上にこれらの力を求めるようになってきている
③以前は企業のエントリー期にこれらの力は自然に身につけることができたのだが、今の企業ではその機能が弱体化(もしくは喪失)している


うーん、難しいですね。これらの3つの理由がそれぞれ存在しているようです。

《2009年6月25日》 本日夜から恵比寿で新しい勉強会に参加。おおよそ隔週ペースで9月まで続きます。御誘いには気軽に乗るので、勉強会と実践共同体と協会が盛りだくさんです。ということで、7月の予定はほぼ満員御礼、ありがたいことです。


ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/06/25 23:49】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「ジャポネ」 | ホーム | 図書紹介:『燃え立つ組織』 野田稔著(ゴマブックス)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/532-3e7ca6e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |