FC2ブログ
採用面接での注意事項3点
ある勉強会で、講師に対して「採用面接での注意事項」を質問された方がおり、その質問への解答が常日頃思っていることほぼ同じだったので、自分の意見も加えてちょっとご紹介します。

①面接ですべてを見極めて選考できるとは思わない

もう、面接だけで見極めることは無理です。面接官側の進化よりも、面接を受ける学生側の進化のスピードの方が明らかに速いです。多くの学生に関しては、こと面接の場だけでいえば、面接官の力量よりも、面接を受ける学生の力量の方が明らかに高くなっています。ましてや、深い面接官教育を受けていない現場マネージャーは、下手をするとイチコロです。

そこで、やるべきなのは面接ではない場で学生をどうみて評価するか、です。

当社でもやっていますが、面接終了後に別室で採用担当者が今後の説明を兼ねて接触をするとか、待合室で話しかけるとか、案内する際の対話とか、そういった場での振る舞いが面接の印象と一致しているかをみるのは大切なことです。面接と違って、結構わかりやすく人柄が出ますね。

②いい人を採用しようとするよりも、間違った人は絶対に採用しないことが大切

間違った人を採用するコストは大きなものがあります。自社にとって間違った人をいれない採用は大切です。そのためには、履歴書の内容などで気になるところは徹底的に質問して確認します。どうしても、よくわからなかったら、わからないことを理由にして不採用にしてもいいくらいです。その意味では、学生の皆さんは、変に武装し過ぎずに、自分を素直にわかってもらう方が得だと思うのですが……。

③「志望動機」よりも「当社との出会い」を重視する

ある意味では、「志望動機」ほど意味のない質問はありません。「志望動機」は誰でも優等生的なことをいうことができます。普遍的な作文が可能です。でも、「志望動機」というのはやはり聞いてみたい、確認してみたい質問でもあります。そこで、これに近い質問ですが、「当社との出会い」という形で聞く手があります。これはパーソナル・ストーリーです。もちろん作文は可能ですが、何が出会いのきっかけだったかは本来はその人しかいえないことですし、事実に反して普遍的な話をすると妙な不自然さが残るはずです。

《2009年7月16日》 農水省に出向しているメンバーからいろいろと話を聞きました。今や役所もいろいろと企業努力をしています。


ビジネスブログ100選
  ←ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/07/16 23:56】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「松江」 | ホーム | ちょっと整理です…7月前半編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/553-1ba1ab28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |