FC2ブログ
優秀なリーダー・先輩が陥る罠
優秀なリーダー、先輩は大きな戦力になりますが、よくいわれるお話ですが、優秀なリーダー・先輩が陥りがちな典型的な罠が2つあります。

1つはメンバー・後輩にも当然、自分と同じような活動やアウトプットをすることを求めること。往々にして優秀な人は自分のどこがどう優秀なのかを理解していません。そして、メンバーや部下がなぜ仕事が上手にできないかがわかりません。スポーツの世界で優秀なプレーヤーは必ずしも優秀な監督やコーチにはなれないとよくいわれるのも、こんなあたりと共通する話です。なんでメンバーや後輩は、ちゃんとした仕事ができないのか、と常に思って仕事をしているようでは、本人にもメンバー・後輩にも大きなストレスですね。

もう1つは仕事を手ばなさないことです。メンバーや後輩に任せるよりも、明らかに自分でやった方が良いアウトプットが出せますし、短時間で仕事を仕上げることができるからです。それはそのとおりなのですが、それではメンバーも後輩も育ちませんし、自分もより高次の仕事にチャレンジする時間を創れません。最初のうちは、メンバーや後輩に仕事を頼んだ方が時間がかかって大変なのですが、それに耐えながらもメンバー・後輩を活用していく努力をしていかなければなりません。ある意味では、それがマネジメントそのものですから。

《2009年8月26日》 今日は人形町にて大発見。勘違いってあるものですね。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/08/26 23:50】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<快適職場のソフト面への適用 | ホーム | 防衛機制>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/596-1a7eff23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |