「スヰートポーヅ」
神保町すずらん通りにある著名店「スヰートポーヅ」です。
時々、無性に行きたくなりますが、ちょっと職場が離れたので簡単に行けなくなりました。そんな神保町の店は結構あります。

ここは、餃子と天津包子しかメニューはありません。あとは、ご飯とビール。素敵です。

お店に書いてあるうんちくから引用してみましょう。

○初代は、昭和7年から中国で本格的に天津包子及び餃子の技法を修得し、満州は大連・山県通りにて餃子店を、中国人業者に伍して5年間営業、帰国後、昭和11年に食堂「満州」の名で開店、終戦まで絶大な賞賛を得ていた。今は3代目が営業中。
○昭和30年に大連時代の店名「スヰートポーヅ」で再開、「スヰートポーヅ」は「おいしいポーヅ(包子)」の意味。
○餃子は「チャオヅ」と呼ぶのが本当でギョーザというのは、中国での方言がなまった言い方。
○広い中国では北と南では食べ物も違い、餃子は北部が本場で、揚子江以南には元来なかったもので南方のソバ、北方の餃子といわれるほど北方の代表的食物。
○餃子は日本のお鮨やお餅に相当し、主食ではなくご馳走の部類に属する。冠婚葬祭祝節などご馳走を食べるときは必ずといってよいほど作るのが餃子。正月などでは日本のお餅同様に正月前に沢山作っておき、部屋の外に出して凍らせて袋に入れて貯え、正月中に出して茹でて食べる。
○餃子は大別して3種類に分けられる。
   1.茹でたもの(水餃子)
   2.蒸したもの(チャオヅ)
   3.焼いたもの(コーテル)
○中国の人はほとんど茹でたものを食べている。大勢の人を接待するときは扱いやすいので蒸したものを出すことが多い。中国ではニンニクの好きな人はニンニクを丸のまま囓り餃子を食べるので、餃子の中には入れない。

この店の餃子は皮をとじていません。
皮の真ん中部分をちょんと止めているだけで具が横から丸見えです。1つ1つはいたって小ぶりです。だいたい12個(中皿)は食べます。16個(大皿)でもいけちゃいます。価格が妙に半端で、餃子483円(8個)、中皿724円(12個)、大皿966円(16個)となっています。意外と、取り置きも持ち帰りも電話注文もできます。

何となく、ビールで餃子というよりは、餃子でご飯といきたい餃子です。

《2009年9月4日》 なんか腰の調子が悪化傾向でちょっと困ります。明日もお仕事だし。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2009/09/04 23:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マネージャーが会社にいる間は… | ホーム | 良質な経験をする機会は本当に減少しているのか>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/605-ccb4ee88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |