FC2ブログ
ゆとり教育世代に対する「思考停止」問題
昨日のラーニング・バーから早速1つ。

ラーニング・バー終了後には、振り返りをかねたアフターバーを自主的にやる人も多いですが、昨日は久しぶりに少数でのアフター・パーでした。前回は欠席でしたが前々回は気づいたら20名超での大宴会でしたので、少人数で省察するのもまたいいものです。

今回のテーマは《みんなで「イマドキ大学生」を考える!? ~「ゆとり教育世代い」のラベリングを超えて~》。京都大学高等教育研究開発推進センターの溝上先生からのお話+まわりの皆様との対話です。久しぶりに福武ホールから工学部2号館に戻りましたが、相も変わらずびっしりの人の入りです。昨年、一昨年と大学生についてのテーマをおっかけていましたので、今回のテーマは特に楽しみにしていました。テーマがらか何となく人事の採用担当からみの人が多かったように感じます。

お話の中でうかがったこと、自分が感じたことなど、何回かにわたって整理してみたいと思います。

私は他の同世代の人に比較すると、相当に大学生との接点があると思います。別に企業人事における採用という場面以外でも、いくつかの場を意識して持っています。そんな中から企業人というか社会人が大学生について話をする際に、どうしても犯しがちな過ちが2つあるといつも感じています。

1つは今回の話題そのものである「ラベリング」の問題です。「いまどきの大学生」というラベルは大昔から貼られていますが、これにキャッチーなコピーである「ゆとり教育世代」というのが加わったのは困りものです。別に大学生のテーマに限りませんが、「ラベリング」は最大の思考停止手法です。

溝上先生も冒頭で話されていましたが、
 「最近の若手は成長していないよね」
 「まぁゆとり教育世代だからね」
 「そもそもゆとり教育世代に対して必要なのは、……」
といったお定まりの会話が日本中の人事部で語られているとすると、これは実に不毛なこと。そんな担当者は自分の頭脳を「ラベリング」を推進して儲けようとしている人たちに預けてしまっています。

溝上先生はこの「ラベリング」から生まれる問題を3つに整理されていました。まったく同感です。
 ①今の大学生を知ろうとする真摯な態度が失われる
 ②大学生と真剣に意思疎通を図ろうという態度が失われる
 ③会社の課題、職場の課題をすべて世代論にすり替え、本当の課題がみえなくなる
 
まさに思考停止そのものです。
仕事をする上で思考は停止して身体だけ動かすほど楽なことはありませんし、意外とそれで評価をしてしまう上司も多いので、このような思考停止ワードはすぐに流行しますね。思考停止な人は、自分で課題解決をしようとせずに、誰かが答えをもっていると思うので、「ゆとり教育世代」対応のセミナーには当然に人も集まります(もちろん思考停止していない人も思考のために参加するのですが)。

さて、大学生を語る際に犯しがちな過ちの2つ目は、自分の大学時代と対比してしまうことです。
これはかなり意識してもやってしまいます。人間の脳は無意識に自分と比較して他者をみるようにできているのでしょうか。昨日の周囲の方との対話の中でも、そうしてしまっている自分に気づく場面がありました。特に自分よりもさらに上の世代の人で、世の中で成功してきたようなタイプの人が、したり顔でこれをやるのを聞くと本当に寂しくなります。
この過ちを犯すのは年配者だけではありません。卒業2年目でも同じようなことはあります。それだけ世の中の動きは早いのです。

まずはこの2つのバイアスを捨てるところから始めないと、たぶん本当のものは見えてきません。

 《2009年9月12日》 美浜の「ル・パティシエ・ツシマ」の前を久しぶりに通ったら、なくなってました。そういうとずいぶん来てませんでした。跡地には「MARQUISE」の売店になっていましたが、ネットで拾った情報ですが、どうも 「MARQUISE」を経営する正木牧場のの経営下に少し前から入っていたようです。あの美浜ロールもシュークリームも食べられなくなったのは残念です。 「MARQUISE」だったら、新浦安のアトレにもあるのに…。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2009/09/12 18:45】 | キャリア~学生・就職・採用 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<勉強や楽しみをほどほど……って? | ホーム | お好み焼き検定 10月25日(日)にやります>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/614-f45f316b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |