アサーティブな人事部長へ
サイバックスを引退されて「戦略的人事マネジメント研究所」を立ち上げ、日本中の人事パーソンを結びつける日々を送られている楠田祐さんとはここのところ目茶目茶頻繁にお会いしますが、ITC(インフォテクノスコンサルティング株式会社)のホームページで「日本の人事の転換点」という素晴らしい連載を書かれています。特に、ここ数年で人事の仕事についた若手には是非、読んで欲しいと思います。「今」というこの瞬間も歴史の中に成り立っているのですから。
中途入社の社員が、その企業の歴史を軽んじて仕事をしてはいけないのと同じようなことが人事の仕事にもいえるように思います。

この中で楠田さんは、ここ10年間で人事部長のタイプが変わってきたとの指摘をされています。

1998年と2008年を2つの転換点と楠田さんは定義していますが、1998年当時の人事部長は非常にアグレッシブな人が多かったのが、この10年間で人事部長になった人はアサーティブな人が多いとの指摘です。

1998年頃というのは、バブル崩壊後に総額人件費抑制施策をトップダウンで有無もいわさず完遂しなければならなかった頃です。トップからの命令を忠実にかつ短期間に実現をすることができる人が人事部長になったのでしょう。
それに対して今は、社内各層の意見や立場を認めつつ、自分の意見を押し付けではなく主張でき、現場と経営の間にはいってしなやかに調整がとれるタイプの人が増えているといいます。人事部の役割は、けして経営からの意向を上から下へと単純に浸透させることではなく、経営と現場をつなぎ、多様な関係者の中で、しかし強い意志と確信をもって変革を進めていくことに変わってきているのだと思います。明らかにこっちの方が楽しそうな仕事です。

確かに最近出会う各社の人事部長にはアサーティブ・タイプの人が多いですね。

経営の資源として、ヒト・モノ・カネ・情報、などがあげられまますが、この中で「ヒト」だけは圧倒的に違った存在です。それは、「ヒト」がモノもカネも情報ももたらすことができる存在だからです。モノを作るのも「ヒト」ですし、カネを調達するのも「ヒト」ですし、情報をもたらすのも「ヒト」です。ある意味では、カネも他の経営資源を買ってくることはできますが、カネには個性がありません。個性がない世界では、量だけが勝負を決める大きな要素になってしまいます。これに対して、「ヒト」には個性があります。1人1人が違った側面を持っています。10000人の会社が10人の会社に負けることがあるのも、この「ヒト」が個々に違った特性をもっているところに所以します。

その意味では、「ヒト」は明らかにもっともベーシックで大切な経営資源なのです。単に財務的な観点だけで「ヒト」をみてはいけないのは自明の理です。このヒトを最大限に活かすのが人事部の仕事にほかなりません。アグレッシブな人事部長はヒトを最大限に「使う」こと、人件費を徹底的に絞ることについては得意かもしれませんが、ヒトを最大限に「活かす」のは、やっぱりどちらかといえばアサーティブ・ダイブでしょうね。

《2009年9月19日》 本日は参加させていただいていたトライアンフ社の人事マネージャー養成ワークショップの最終回でした。午前中には早稲田大学ラグビー部の中竹竜二監督の素晴らしく元気の出る話を聞き、午後には各自の発表です。しかし、私はタイミングが悪く半分以上欠席、最後の最後まで中途半端なことになってしまいました。大変に残念ですし、無責任さを反省しています。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2009/09/19 20:02】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アサーティブのお話 | ホーム | 「BONDY」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/620-48e2e5d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |