学びYA(仮称)
9月24日(木)に慶応MCC「ラーニングイノベーション論」の第1回卒業後勉強会が開催されました。「大人の学びを科学する」中原淳先生の門下生達ですから、「大人の学び」を追及し続けています。

開催場所は門前仲町「40」。貸切専門・予約限定・3時間飲み放題付きの素敵な居酒屋です。プロジェクターの設備があるので、講演をしつつ飲み会をやるという形態をご無理をお願いしてこれまでもやらせていただいていますが、今回も料理含めて大満足でした。

さて、まず大事なのは名前です。名前には魂が宿ります。この勉強会というかOB会の名前は、「学びYA(仮称)」となりました。当然、かけ言葉になっており、名前にも遊びがあります。「思い」がこめられています。

①「学び(ばせ)「屋」……企業内人材育成担当者、教育ベンダーの皆さんが集まっている会ですから、当然学びの仕掛け人としての思いと自負があります。

②学び「ヤ~!」……神戸大学の松尾先生曰く人材育成のポイントは「ストレッチ+フィードバック、そして+エンジョイメント」ですから、わいわい楽しくの要素は「大人の学び」からははずせません。

③学び「舎」……素敵な「集い」であり、「学ぶコミュニティー」であり続けたい。

そして、もう1つのポイントは「(仮称)」です。決めてしまうのではなく、いつまでも変化と進化を続けるために「(仮称)」がついています。次回は違う名前になっていてもいいわけです。「ラーニングイノベーション論」で腹落ちしたキーワードの一つ、「もやもや感」を楽しむことへの思いを会の名前に込めているわけでもあります。命名者の熱い思いが伝わりますねぇ。さすが。

また、一応「ラーニングイノベーション論」ののれん分けを自認していますので、中原先生のイタリアン・ミール方式にならって、懐石料理方式でメニュー(次第)が提示されました。やっぱり「大人の学び」はこの手の遊び感覚が大切です。

   お品書き ~ 長月
 一、先付け  ~学びYAへの想い
 一、お碗   ~発案ご挨拶   
 一、御造り  ~三井物産様事例紹介
 一、箸休め  ~乾杯
 一、八寸   ~グループダイアログ
 一、焼物   ~ディスカッション
 一、炊き合せ ~ラップアップ
 一、お食事  ~中原先生講評
 一、水菓子  ~どこまでも・・

ありがたいことに、中原淳先生にも本日9月28日のブログでご紹介いただいていいます。一番最後の方です。

ということで、「大人の学び」は続きます。翌日は久しぶりにかなりの二日酔いでした。心地よく。

《2009年9月28日》 終日、曇り空のお仕事でした。志を持って進むしかありません。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2009/09/28 22:55】 | HRM全般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<学びYA(仮称)その2 | ホーム | 人事マネージャーに求められる4つの要素>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/631-f16c86de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |