ワークプレイスラーニング2009
土曜日は第3回のワークプレイスラーニングでした。

2007年の初回が「ミドルの学びを支援する」。2008年の第2回が「企業教育の新たな役割」。そして今回は、「個と組織の関係を探る」がテーマです。それにしても今年のは、極めて広範囲かつ、ある意味、曖昧なテーマ設定ですね。

前年同様に、実業家からの発表に基づくケーススタディ、アカデミアからのコメント、周囲の方々とのディスカッション、携帯メールを活用した質疑応答の構成が午前に1セット、午後に2セットの合計3セット続きます。今回のケーススタディは、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、アサヒビール、バンダイナムコホールディングの3社。解説させる学者先生は、心理学から松尾先生、経営学から妹尾先生、社会学から長岡先生、そして教育学者としての中原先生と、チーム中原としてはお馴染みの皆様です。

今回は安田講堂になんと1200名です。改めて人事教育の仕事に携わる人の多さに驚きます。日本中でいったい何人の人がこの分野に携わっているのでしょうか。数10人は知っている人に会いましたが、まだまだこの会場だけでも同じ分野で仕事をしていながら1000名以上も知らない人がいるわけです。そして、お1人お1人がしっかりと自分の持ち場で真剣に考えて取り組んでいるわけです。「負けられない」「頑張らなきゃ」と自然に思えるところが、この手のイベントにくる魅力の1つです。

今回も合計で4回のペアディスカションがありました。その都度、別の方とお話をしました。ラーニングバー同様にすぐに打ち解けて真剣話し合いをできるのも、同じ分野で思いを持って働いている者同士だからでしょう。初参加の方の中には、この雰囲気の素晴らしさに目茶目茶興奮をさせている方もいました。きっとそういう方は、次回のラーニングバーにも応募されるでしょうから、ますます倍率が高まってしまうのを危惧しますが、そんな肝っ玉の小さいことはいっていられません。

私は今年、人事の仕事を求めて転職をしましたが、異動してみて改めてこの分野はプロフェッショナルの分野だと確信しています。ただ、専門馬鹿のような世界ではありません。日本中の人事部の思いのある人がともに集い、ともに競い、時に協力し、場合によっては協働できるような世界を作っていきたいと真剣に思います。

また、比較的、ワークプレイスラーニングでは企業人事から参加者は大企業の人が中心です。しかし、新興企業・中堅企業の多くでは、優秀な人事担当者がまだまだ不足しています。こんな共通の思いをぶつける場を経験し、新興・中堅企業で目いっぱい腕をふるってみようと思う、大手企業の人事担当者が多く出てくれることも望みます。

いずれにしても、いろいろなことを考えた1日でした。職場に戻ってやってみたいこと、もっと考えを深めたいことが行列をしています。当日のリフレクションを一言で表すと(リフレク書)、私の場合は「動」でした。この日抱いた思いを持って、早く月曜日からいろいろと動きたいと思っています。

最後に放映されたリアルタイムドキュメンテーションのビデオを中原先生がブログで教えていただいた方法に従って、埋め込んでみました。どうでしょうか。



それにしても、目立ちすぎの知人が何人かいます……。

本日は内容には一切ふれずに終わります。学んだ内容については、おいおい書いていきますね。

《2009年11月1日》 先週は比較的インフット系の時間がとれました。週末で態勢を整理してと思っていましたか、なかなかはかどりません。まぁいいか。


ビジネスブログ100選
blogram投票ボタン  
↑ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト
【2009/11/01 19:27】 | HRM全般 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<思いを実現させるには~稲盛語録から | ホーム | ちょっと整理です…10月後半編>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/667-2b3e361f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ワークプレイスラーニング2009@東京大学(2009-10-30)
東京大学・安田講堂で開催された「ワークプレイスラーニング2009」に参加しました。 二年ぶり二度目の参加ですが、規模が数倍に膨れ上がっています。下にまとめますが、ブログで「ふり返り?」をする人もすごく増えました。 「リアルタイムドキュメンテーション?」をその場で 【フツサラ】 フツーのサラリーマンのためのラクしてトクする仕事術【2009/11/06 21:10】
| ホーム |