FC2ブログ
「定義」を大切にしよう
昨日、言葉の「定義」の話をしましたが、もう少しこれにこだわってみます。

企業の中ではいろいろな言葉が歩き、さまよっています。キャリア、顧客満足、効率化、モチベーション、ビジョン、ミッション、人材育成、OJT、目標管理、意識改革、コンピテンシー、ソリューションビジネス、顧客第一主義、………。日々、本当にいろいろな言葉が飛び交っていますが、果たしてメンバー全員が同じ意味でとらえているでしょうか。リーダーは自らが使用する言葉について、都度都度きちんと定義をしていくことが大事です。会議の冒頭で本日のアジェンダとゴールイメージ、議事録担当者を確認してから会議をはじめるのと同じくらい、最初に「定義」を明確にすることが本当に大事です。そうでないと、膨大なムダの時間を発生させる危険性や、間違った方向に仕事が進んでいく可能性があります。「定義」がきちんとされていないとうことは、認識が共有化できていないことにつながります。報告の中などでも、「君の使っている××という言葉は、どういう意味?」といった確認はしていった方がいいでしょう。「定義」を言語化させると、いろいろな意味で議論の輪郭がクッキリとしてきます。

「定義」を明確にすることこそ、コミュニケーションを円滑にする第一歩なのだと思います。



ビジネスブログ100選
  ←仕組みをよく理解していないのですが、ブログランキングというのに参加してます。よろしければクリックして一票投票を
関連記事
スポンサーサイト



【2008/03/22 22:30】 | マネジメント・リーダーシップ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<女性活躍推進検討会、素敵な実践コミュニティです | ホーム | 「プロービング」と定義の重要性>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://jqut.blog98.fc2.com/tb.php/69-363a70ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |